中央区の緑被率

中央区の緑被率はおよそ9.1%。
簡単に言うと,上から見たら中央区のどれくらいが緑に見えるか。
平成16年の調査で,中央区は23区で20番目。
つまり下から三番目。
一番下はどこだと思う?
荒川区。なんかぴんと来ない。
続いて台東区。上野公園くらいじゃだめか。
そして,中央区,墨田区,中野区,豊島区と続く。
では,上位はというとトップが練馬区。
続いて杉並区,そして三位がなんと渋谷区。
代々木公園,明治神宮があるからだろう。
そして世田谷区,皇居,日比谷公園がある千代田区に続く。
対策として,公園などはもちろん沿道緑化,屋上緑化などがある。
最近では壁面緑化などもある。
限られた土地で効率よく緑化し,CO2排出を減らし,しいては地球温暖化の歯止めをかけるそれにはどうしたらよいのだろう。
やはり行政の力で半ば強制的に緑化しないと無理だろう。
うちの団地の屋上も,ヘリポートまがいのものがあるだけ。
大した面積でなくとも緑化すべきである。
中央区も一定規模以上のビルの屋上は緑化しなければならないと条例化すべきである。
緑は見ていてすがすがしい,もうそんなレベルの話ではないのである。

コメントを残す