ポスター

選挙用ポスターは公費が出る。つまり,ポスターの制作に区からお金が出るのだ。
ただし,法定得票数に達しないときは供託金の没収と共に,公費もいただけない。
法定得票数については後日にするとして,この公費がまたくせもの。
素人考えだと,かかった費用の領収書や明細でお金をいただくと考えるが,現実はそんな甘くない。
業者から区に請求書を送ってもらうのだ。
つまりかなりの後払い。
だから,選挙に慣れた業者がやっているのである。
それに,インターネットで安く印刷しようと思っても,そのようなところは大抵データ入稿が原則。
写真撮影,デザイン,印刷の三段階になってしまう。
公費の請求は原則一カ所なので,結局一社でやってくれるところになってしまう。
こんなところでも,無駄があると思う。
私は身内に写真館がいるので,そこで写真を撮ってもらおうと思った。
しかし,そこは公費負担に難色を示すので自費になるかもしれない。
以降は明日デザインの会社に行ってから,ご報告しましょう。
公費負担に,選挙カーもありますよ。
私は選挙カーは出さないつもりなのですが,そのあたりについても詳しくご説明しましょう。
ポスターと選挙カーについて,お金がもらえるってご存じでした?

「ポスター」への3件のフィードバック

  1. やってみないとわからないことだらけですね。
    勉強になります。
    写真が出たらUPしてくれますか?
    それとも中央区まで見に行かなくちゃ駄目?

コメントを残す