理科教育の充実

政策にかかげている、理科教育の充実。
中央区の予算案によると、次のようなことが行われるらしい。
理科教育の充実(理科支援員) 279万8千円
 理科が得意な人材を小学校の理科授業に活用し、観察や実験活動等における教員の支援等を行うことにより、小学校理科教育の活性化と充実を図り、あわせて教員の理科指導力の向上を図る。
 なお、本事業は東京都からの委託(都は独立行政法人「科学技術振興機構」から事業委託)を受けて実施するものであり、期間は19年度から5カ年である。
* 対象学年 小学校5・6年生
* 業務内容 観察・実験等の実施支援や計画立案・教材開発支援など
なんか違うんだよ。本当の理科教育は教室じゃ勉強できないんだよ。
例えば、夏に三宅島に行くだけですごい勉強ができる。
夜行の船に乗ることで、「24時間働いている人がいるんだな」と実感。これは社会科だ。
海岸での生物探索。シュノーケリングもいい。
東京では(三宅島も東京だが)観察できないような生き物がたくさん観察できる。
夜は満点の星空観察。これまた中央区の何百倍もの星の数。
次の日は朝から釣りでもしてみよう。漁船に乗るのは危険すぎるか。
島めぐりで歴史を調べ、さらに火山についても勉強できる。
そして、今でも100%安全になっていない災害の状況を目の当たりにすることができる。
これは有事のときに必ず役に立つ意識だと思う。
個人的な思い入れもたくさんあるけど、三宅島には子供たちにとって(もちろんおとななにも)これほど生きた教材があるのである。
安全に関してはもちろん万全を期す。もちろん島にも協力をもとめる。
安全に問題があるといっても島にも学校があって、子供たちが毎日勉強している。
全校生徒でないにしても希望者だけでもこの計画を実現したい。
公立では難しいね。私の個人的な塾として実現させようか。
多少はずれてしまったけど、生き物の観察にしても、星にしても、火山にしても絶対にほんものを見せてあげたい。
すべて肌で感じさせたい。それが本当の教育だと思う。
ぼくが考える理想の教育の姿とは、まず多少の詰め込みをする。ゆとりの教育なんて必要ない。
知識を増やすこと、勉強する習慣をつけることは重要。
しかし、教科書に書いてある、ノートに書いただけの知識は実力にはならないし将来応用が利かない。
実際に体験することで裏付けのある知識が本当の実力として身につくと思う。
英語が大切だからって小学生のうちに外人講師の授業を受けさせるのも大切かもしれないけど、理科にしても社会にしてももっと実習をさせてあげないと、頭ばかり大きな要領しか考えない子供になってしまうよ。

ディスカッションに参加

8件のコメント

  1. 私は理科が大嫌いで大嫌いでどうしても理解できなくって
    テストの意味が分からないところもあって先生に怒られた記憶があります。
    こんな風に外で実感できる授業があったら自然と頭に入ってくるのに。

  2. そうなんですよ。実地がないと好きにならないですよ。男の子は虫を捕ったり、オタマジャクシをつかまえたりしているうちに理科が好きになるのです。
    女の子の方がチャンスがないかもしれませんが、都会の子はみんな同じかもしれません。
    勉強は決して楽しくないけど、楽しいこともあるんだ、ということを伝えたいです。

  3. 理数系離れが昔から取りざたされてるのは、数式の暗記や計算の繰り返しで
    ちっとも面白みが無い事に由来するのかもス入れません。
    そうやって、実地で体験をする事で興味、面白さを持ってくれたら
    してやったり!ですね。

  4. 子供たちはもともと好奇心旺盛なのです。なんでもないことに興味を持ったり、つまらないモノで遊びができる、「遊び人」なのです。
    知的好奇心が満たされる快感、も伝えたいと思っています。

  5. 私は完全な文系人間で、特に物理や数学はまったくもってダメダメ。興味すら持てませんでした。
    理系離れ対策として、こういう政策が考えられているんでしょうか?
    日記の主旨と外れてしまうかもしれませんが、私はゆとり教育自体に反対。国語も算数も社会も、元の状態に戻すべきでは?円周率が3って…。
    週休2日なんていうのも必要なんでしょうか?時間が有り余って、ゲームに熱中しすぎたり、街でたむろったりしちゃうような。(極論すぎますか(;^_^A ?)
    子供の時にしっかり勉強の「仕方」を身につけておくと、大人になってからとても役立つと思うんだけどな〜。

  6. 政策といっても、上のは夢のような話です。せいぜい、近所の子供たち(いませんが)を連れてゆくとか、塾のようなものをつくって連れてゆくとか、現実はかなり困難です。
    ただ、実験や実習で興味を持ってもらうことがとても重要だと思いますし、自然科学の理解には必要不可欠だと考えます。
    ゆとり教育は私も断固反対です。ある程度勉強には強制も必要だと思います。
    子供の時に、怒られるから勉強するという姿勢も仕方ないと思います。
    勉強でもスポーツでも身につけるには苦労がつきものです。
    理科は好きだけど、国語は嫌い、国語は好きだけど算数は嫌い、いろんな子供たちがいます。
    勉強は決して楽ではありませんから、やはり子供のうちに習慣づけることが必要だと思います。おとなになって勉強しようと思うと、基礎学力の不足と勉強の仕方もわからないことからなかなかできないのです。
    いろんな資格を持ってる人が、どんどん新しい資格が取れてゆくのと似ていると思います。
    私自身勉強で挫折したタイプですし、勉強はあまり好きではありませんが、まだ知的好奇心は失っていないつもりです。
    仕事柄、小学校低学年から79歳くらいまでの生徒さんを相手にすると子供の時に勉強している方としていない方では、パソコンにしても勉強に対する姿勢が違います。
    勉強がすべてとは思いませんが、勉強している人としていない人では大きな差がついて当然だと思います。

  7. 私が言った「政策」とは、小島さんのではなく、中央区の予算案絡みのものです。
    言葉足らずですみません。
    でも、丁寧にコメントを返していただき、恐縮です。
    と、同時にどうもありがとうございます♪

  8. そうかなとも思いました。
    これからも皆さんに、中央区はこのようなことに、これくらいお金をかけようとしているのです、を紹介してゆきます。

コメントを残す