数字があらわすもの

一日に3回もブログを書いたと思えば2日も休んでしまいました。
おとといは忙しくて、昨日は夕方の急な天候の悪化のおかげです。
昨日は平成19年の予算について書いていると、このPCこじまX号には内容が難しかったせいか途中で原稿を持ったまま凍りついてしまいパーになってしまいました。おまけにこの大切な時期にWindowsの不調がピークに達しました。
どうしようもないので、とりあえずOSの上書きインストールでごまかそうとすると電源は切れなくなるなど次々トラブルに遭遇させてくれました。
気を取り直して昨日のやり直しをします。
平成19年度の中央区の予算は664億円。
このブログを見ている方のために、、足立区2200億円、江東区が2271億円、浦安市が533億円。
参考までに人口は中央区10万3千人、足立区62万人、江東区44万人、浦安市15万7千人。
次に、その664億円の大まかな使い途です。
見やすいように、漢数字表記にしてあります。(単位千円よりいいと思って)

区分 金額 構成比 一万円に換算
議会費 6億640万9千 0.9% 900円
総務費 100億4948万 15.1% 1510円
地域振興費 62億7250万 9.4% 940円
民生費 138億8090万1千 20.9% 2090円
衛生費 65億4176万 9.9% 990円
土木建築費 161億9403万5千 24.4% 2440円
教育費 76億6042万 11.5% 1150円
公債費 17億3923万3千 2.6% 260円
諸支出金 33億8754万1千 5.1% 510円
予備費 1億5千万 0.2% 20円
合   計 664億8815億1千 100.0% 10000円

参考までに浦安市が公開していたので、見比べてみましょう。

浦安市の資料より引用
中央区は浦安市と比較すると、数字の上では教育費が占める割合が小さく、土木費がの割合が多いようです。
江東区と比較しても同じような結果でした。割合なので、一概にどちらがどうとは言えません。
他の自治体と比較し、優れたところを参考にして取り入れるということも大切でしょう。
今回は手持ちに浦安市があったので比較しただけで、深い意味はありません。
みなさんから、ここの(自治体)こういうところが優れていると聞いたけどどうなんだろう、という質問があれば私が調べられる範囲ですがお答えします。
掃除に行く時間だから、つづく。
濡れた吸い殻はばらばらになってチリトリを汚すのよ。ちょっと休みたいが行くか。

コメントを残す