OEM

OEM(Original Equipment Manufacturing)の略で、他社ブランドの製品を製造するということ。
たとえば、ぼくがパソコンを作ったとしよう。(実際作るが)
それをNECに売る。NECはそれをValueStarとして中山美穂が宣伝して売る。
同じパソコンを富士通にもおろす。そうすると富士通はFMVとして南野陽子が宣伝して売る。
このときの、ITこじまをOEM元、NECや富士通をOEM先という。
このような例はたくさんある。ここからがマニアックな話になる。
鉄道の車両もOEMの波が押し寄せてきている。JR東日本の標準形E231系という車両がある。具体的には、山手線、総武中央各駅停車、東西線乗り入れ用、千代田線乗り入れ用、東海道線、湘南新宿ライン、などなど。
いわゆる、JR東日本のデフォルトスタンダード。今までもJRの中で色違いの電車が走ることは珍しくない。
しかし、いまやそれが私鉄にも走るようになったのだ。
例をあげると、都営新宿線、相鉄線、東急線、小田急など。
要するに、JR東日本が開発したE231系という車両の、顔やイスの柄、運転関係の仕様(信号に応じて速度が勝手に落ちるとか落ちないとか)を変えて私鉄にOEM供給しているのだ。
それは何がいけないのか。
つまらない。
東急には東急らしく昔から銀色の電車が走っていたとか、小田急は白かったとか、相鉄はボタンを押すと窓が電動で開いたとか、特徴があったのです。それを少し顔を変えたくらいのJR製の車両が首都圏中走るようになったのです。
鉄道に興味がない人にとっては、電車なんてみんな同じでしょう。ところが、鉄道が好きなものにとってもみんな同じになりつつあるのです。
バブルの頃、こぞって新車両を開発し夢のようでした。現在はみんなコスト削減でコンセプトは使い捨てです。
これでは鉄道ファンは育ちません。プラレールで遊ぶ子供がいなくなる、Nゲージを集める小学生がいなくなる、しいては日本の経済が衰退してしまう。
自分の会社で走らせる車両くらい、自分のところで開発しなさい。
色に関しては西武は黄色、東急は銀、小田急と京王は白、京急は赤、法律で割り当てます。
昔は山手線はみどり、京浜東北線は青、中央線はオレンジでした。
いまや、山手線は銀、京浜東北線も銀、中央線も今年中に全部銀。みんな銀です。
唯一京急は全車両赤いです。あれは社長のポリシーで銀色もわざわざ赤く塗っているのです。
他の私鉄も京急を見習いなさい。JRに発注するなんてもってのほかです。
auが端末の開発をドコモに依頼するようなものです。
電車が同じでは、子供の個性も育ちません。

OEM」への3件のフィードバック

  1. こちらでは初めまして。
    鉄道車両のOEM化は本当につまらないですよね。
    会社毎の、それぞれの持ち味や文字通り「カラー」が失われて、
    どこの線に乗っても同じ様な車両ばかりがやって来る…。
    どこの会社も、看板となる特急車両には力を入れているんだけど、
    でも通勤車となると、使い捨ての「走ルンです」ばかりが増殖して…。
    毎日の足となる通勤車こそ、
    その会社ならではの個性の見せ所だと思うんですけどね。
    この事例とは少々違うのですが、地方ローカル私鉄も最近、
    つまらなくなっている路線が多い様な気がします。
    元々走っていた味のある旧型車両が引退して、
    どこへ行っても代わりに見かけるのは某T急のお下がりステンレスカーばかり…。
    結局は企業活動なんで、合理化が大切なのも分かるんですが…
    でもオリジナリティは失って欲しくないですよね。

  2. いらっしゃいませ。
    東葉高速など半永久的に赤字なのに新車を入れましたね。単なる東西線の色違いですが。
    メインテナンスの問題もありますが、そんなに新車を入れる必要があるのでしょうか。バスですが都営バスも新車の入れ過ぎですよ。
    何がつまらなくなったか考えてみると、デザインですね。
    前面が曲面カーブで美しいとか、このラインが美しいなど感じなくなりました。
    やはりあの銀色も許せません。重量だけでなくなんか軽いんです。

  3. 結構異母兄弟の車両ってあるもんなんですね。ただ、東急3000系とJR205系の例なんかを見ると、私鉄がJRに発注しているというよりはJRが発注しているのが私鉄の関連会社(この場合は東急車輌)みたいですね。
    そして赤い電車でおなじみの京急も、新1000系では基本設計を東急車輌に委ね、JR東日本との部品の共通化も進んだそうです(おかげで1両あたりの製造コストが2,000万円削減)。色も真っ赤じゃなくなりましたしねえ。くるりの名曲「赤い電車」も10年後には京急を連想させなくなるのかもしれませんね。

コメントを残す