JAS法

正式名称は(またか)
農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律
この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなっています。
(農林水産省から引用)
戦後すぐのでたらめだった食品表示を規格化したのが昭和25年、昭和45年に消費者のために表示が改正され、平成11年に表示が義務づけられた。そして、平成17年に外国の圧力に負けて表示方法を変えた。
つまり、製造日を記載すると外国から輸入したものは古い印象があるじゃないか、これじゃあ不利だから賞味期限、消費期限に変えろと諸外国からの圧力に屈した。
製造年月日だと、各自で判断していた。もう1週間たったからまずいなとか、まだ4日だから大丈夫みたいに。
ところが、消費期限・賞味期限になってわかりやすくなった反面、本当は食べられるはずのものも捨てられてしまっている気がする。
おかげでスーパーで半額で買えたりするのだが。しかしそれも回り回って、他の品物の価格に反映しているのだろう。
ギャル曽根、かわいいんだけどテレビの大食い企画、何か間違っていないか。
食べるのだからいいかもしれないけど、あれは食べ物で遊んでいるのではないのか。
外食産業で毎日大量の食べ物が捨てられている、その方がよっぽどすごい量だと思う。
こいつ、こんなに食べるよ、そういう構図が学校のいじめの発端になると考えるのは考え過ぎか。
食糧危機がやってくるのは時間の問題なのに。
ごはんをたくさん食べて何が自慢なんだ?

横浜市立動物園

横浜市立動物園は、4つある。
横浜市立金沢動物園(金沢自然公園内)
よこはま動物園ズーラシア(横浜動物の森公園内)
万騎が原ちびっこ動物園(こども自然公園内)
そして、このたび命名権が売り出された野毛山動物園。
期間は5年で、年間5000万円以上。
つまり、これだけ払えば好きな名前にできるのだ。
株式会社上野(架空)が、上野動物園にするとか。
公序良俗に反するものなどは当然横浜市が却下する。
ちなみに、横浜こども科学館も命名権が売りに出されていて、おいくら万円にするかは相談するらしい。
野毛山動物園は入園無料で、100種1000種類くらいの動物が飼育されている。
年間1億3800万円程度の経費がかかるらしい。
桜木町から歩いて行くと長い坂道のサミットにある。
ちょっと古くさいけど、昭和のにおいがする動物園らしい動物園。
入園料とらない分、物販を充実させるとかもう少し工夫ができると思うけど、そのあたりが市立なんだろうな。
入園料無料だからおみやげ買うときも財布のひもがゆるむと思うけど。
お金を取って飼育体験させてもいいし、理科の課外授業などを塾と提携するとか。
動物園は本来、社会教育施設で勉強や研究をするところなのだから。
パンダちゃんかわいい、が目的ではない。
平日のメインはレッサーパンダではなく、閑古鳥なんだろうけど。
野毛山動物園公式サイト
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/dousyoku/nogeyama/index.html

今日のチラシ配り

とある駅で降りて、目的としている場所に歩いていった。
坂道を上ったり下ったりしてチラシを配っていると、火葬場があった。
火葬場があるところに金持ちが住んでるわけないじゃん。
いそいそと引き上げてきました。
次回から地域新聞など使って大量に配布することにしました。
社長自らチラシ配りしているようじゃだめだって。
明日から違った営業に行ってみます。
まずは「はまかぜ」あたりから行ってみよう。

もう遅いんや

今頃になってまた見返している、男女7人夏物語&秋物語。
同じような世代だった自分と、今の自分をいろいろ重ねて楽しんでる。
主役はツアーコンダクターの今井良介(明石家さんま)とフリーライターを目指す神崎桃子(大竹しのぶ)。
ツアーコンダクターはおいらも資格はあるんだよな、おなか痛くなるけど。
フリーライターか…。
高校時代からバイクに乗って(校舎の窓ガラスは割って回っていない)浪人して予備校に行って、大学に行ってひとり暮らしをして、全国チェーンのビジネスホテルのフロントでバイトして、引っ越しのために広島から東京をトラックで往復して、塾や予備校で先生になって、起業してひとり社長になって、選挙に出て議員になりそこねて…。
なーんだ、俺ひとりでドラマできるじゃん。
浜田省吾の世界のように週末にバイク乗って、ボストンバックにラジオと着替え押し込み街を出る?
高嶋政伸風ホテルマン(自分で言っちゃうかよ)で中途半端に出世する?
雪の下北一番星ことITこじま、「この車が女房よ。」
ドラゴン桜の阿部寛(また自分で言っちゃった)
起業して社長(ゲル・ビイツ)
選挙敗れる(ドクター中松)
マドンナは誰にしようかな♪
年上が好きだから、京唄子なんかいいかも。
「わてがITこじまさんを一流の政治家にさせて見せます。そうでっしゃろ。ポテチン」
このブログ、ザ・選挙サイトの政治家のブログ更新に載るんだよね。?(・∀・) コワレタ !!

チラシ配り

ここ数日、我が社の唯一の営業手段であるチラシ配り、業界用語(でもなんでもない)でいうポスティングをしている。
我が社の主たる業務は、シニア向け出張パソコンスクール。
出張だからスクールじゃない、という突っ込みは受け付けない。
家庭教師というと、なんかうさん臭くなるから。
メガネをかけた学生服の人が来そうだ。キテレツに出てくるベンゾーのような。
出張パソコン指南役、出張電脳指南役されたし、とでもしたらよいのだろうか。
パソコンが得意でない人が対象だから、インターネット経由で来るはずもない。
意外に口コミで広がらない。意外にパソコンやりたい人はつながっていないみたい。
お客さんはみんなに勧めてくれるのだけれど、ほとんど紹介に至ったことがない。
パソコン仲間も少ないから広がりにくいのもあるかもしれない。
全然知らない街で、各家のポストにA4のチラシを入れていくのだけれど、何か悪いことをしている気がしてしまう。
今まで一度も文句を言われたり、苦情の電話はかかってきたことはないが。
家の人がいると入れられなかったり、何かコソコソしてしまう。
うちのお客さんの通販会社は寺院向けの商品を扱っているのだが、一般商品も扱っているので一般家庭にもポスティングしたところ、宗教と勘違いされて気持ち悪いからやめてくれなど、たくさん苦情の電話があったらしい。
お金持ちの家は高台が多い。住所だと、〜台というところは比較的豊かな家が多い。
配るのも大変。生活するのも大変だから、来てもらおうという発想になるのだから駅から不便な家ほどうちの需要はあるのだとあたりまえのことにさっき気がついた。
枚数も限られているし、家を選ぶし、難しいこといっぱい。
全部の家に配る方が楽なのだろう。
今日はバイクででかけよう。駐禁とられませんように。職務質問されませんように。
免許証があって、チラシにはぼくの名前もあるから説明すればしょっ引かれることはないけど。
間違っても、巡査長のくせになどとは言わない。
でもポスティングついでに牛乳飲んだりしたら捕まるだろうな。
こんな時間まで牛乳置いてないって(自己突っ込み)。

通称ガソリン税

ガソリン税とは、正式には「揮発油税及び地方道路税」を総称している。
本来は、揮発油税24.3円、地方道路税4.4円 。
揮発油税は元々(といっても大昔)一般財源だったが、昭和29年から道路特定財源になった。
つまり、道路などを作るための税金。地方道路税は、国税で全額地方自治体に分配されてやはり道路を造るための税金。
しかし、昭和49年から数回暫定的に、租税特別措置法第八十九条第2項によって引き上げられ、
現在は、揮発油税48.6円、地方道路税5.2円の合計53.8円。
つまり、150円のガソリンのうち53.8円が税金になる。
暫定的 ということはいつまでなのか。もうすぐ期限がやってくる2008年3月31日。
いまや道路特定財源は余っている状況。この暫定措置は文句なく戻すべきでしょう。
ちなみに、トラックは一般的にはディーゼル車で軽油を入れている。
軽油には軽油取引税がかかっており、これは一律32.1円。地方の道路財源になっている。
トラックの方が高速道路を利用するようだが、燃料からの税金では負担していない。
延長するのをやめると、年間3兆円程度のガソリン税が半減してしまう。
半減する、で済ませるのかどうか。どこからか持ってくるのだろう。
無駄をなくす、という発想はないだろうから。
特に車を持っている人はガソリン税の暫定措置が、延長されるか廃止されるかは関心を持ちましょう。

今さらですがテロ特措法

テロ特措法って何だろう。
正式名称は覚えられないくらい長い。
平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法
このテロ特措法は2年間の期限があり、その期限が11月1日だった。
延長しようとする自民党と、反対の民主党。
衆議院は自民党、参議院は民主党が過半数を占めているため審議に時間がかかり延長前に期限が来てしまった。
テロ特措法とは、アメリカのアフガン侵攻のために自衛隊が燃料補給艦に乗って協力しよう、ということ。
本来自衛隊は国内で、攻撃を受けてあるいは侵攻に対しての自衛しかできない。
問題は、この補給艦がどこでどれだけ補給したかは明らかにされないので、イラクに対する作戦に流用されたのではないかという疑念があること。
加えて、結局はアメリカの報復戦争を支援しているのではないか、自衛隊の9条の問題などから野党が反対している。
ごく簡単にいえば、本当に支援する必要があるのかどうか、ということ。
通常国会の会期が延長され、衆議院で3分の2以上の賛成が得られて衆議院の優越により可決される。
その前後に衆議院が解散するかもしれない。
衆議院の解散は、誰が決めるの?
意外にも何となく決まる。
正確には日本国憲法7条および69条によって決まるが、それはまた解散が近づいたらにしよう。
テロ特措法に賛成か反対か、自民党の言い分と共産党の言い分を聞くと両極端でわかりやすい。

頭悪すぎる渋谷区

>都会のど真ん中に、農園ができる。東京都渋谷区は来年4月、JR渋谷、恵比寿両駅付近を含む3か所の区有地に、計約2330平方メートルの「区民菜園」をオープンさせることになった。
地価の総額68億円。
渋谷区は何を考えているのだろう。頭が悪いにもほどがある。
68億で畑を作るよりもっと大切なことがあるだろう。
どうして渋谷区に区民農園が必要なんだ?
交通が便利なんだから、せめて練馬区あたりに渋谷区の区民農園があったっていいじゃないか。
都心の一等地にある都営住宅もおかしいと思うよ。
そんなの比じゃないくらいおかしい。
行政のやることってどうしてこんなに浮世離れしているのだろう。
税金をなんだと思っているのだろう。
その土地を有効活用して利益を上げて、区民に還元するとか福祉に使うとか、それが当然だろうが。
何とかしろよ渋谷区議会。

ショッピング

今日はどこそこに行って、何を買ってきた、なんて書かない。
ショッピングという名目の紳士服の店に覆面調査に出かけてきた。
そこは千葉県某市。快速停車駅。
総武快速線を想像したあなたは失格です。基本からやり直してください。(なにがだよ)
一軒目は205系が走る路線の駅から徒歩10分くらい。
はるか昔栄光ゼミナールで算数や理科を教えにここに週1回出頭していた。
そっとのぞいたが知ってる顔なんているわけない。メダカの学校も当然ない。
買い物を済ませ、持参したワールドPCのときに大量に持ち帰ったMicrosoft Officeと書いてあるいかにも海浜幕張からヲタの方が持って乗り込んで来そうな袋に詰め替える。
新しいがついた、ちっとも新しくない中小私鉄に乗り、さらに駅から徒歩20分で二軒目に到着。
調査をして千葉県のくせになぜか前のり前払いの新しいがついた新しくないバスに乗って大きな駅へ。
(浦安のベイシティ交通も前払いだったような。)
結局くたびれて東京で力尽き、東京の実家へ舞い込んだ。
明日は横浜市主催の座談会で、都筑区総合庁舎へ。
毎日副業じゃん、などという突っ込みはお断りだよ。

バサその後

朝っぱらから昨日準備しておいたバサをフライにした。
バサフライ
タルタルソースは面倒なので、マヨネーズにピクルスを加えたものをかけて食べた。
肝心な味は…。
どこかで食べたことのある味。臭みはまったくなく、しっとりしているけど脂はあまりない。
いわゆる、これぞ白身魚のフライのような味。〜のフライ、じゃなくて白身魚のフライ。
みなさんもきっと知らずに食べているに違いない。
せっかくなので白身魚のフライの原料について調べてみた。
1日あたりおよそ40万個食べられているという、ピエロ本舗のフィレオフィッシュ。
1980年代の一時期にメルルーサが使われたらしいが、現在は100%スケトウダラ。
ベーリング海で捕られてタイに運ばれ、タイと船橋で加工されるらしい。
主に、明太子の材料や練り物の原料になる。スーパーでも時々見かける。
味は悪くないが、肉はぽろぽろしてるし小骨は多いし。
生ではアニサキスがいるので食べない方がいい。(寄生虫アニサキスはここでは説明しない)
どうせそんな新鮮なものは手に入らないが。
メルルーサは、タラ科の深海魚で、アフリカ、南アメリカ、ニュージーランドなどで捕られる。
日本では外食産業や給食の白身魚の大半を占めている。これはみなさんも絶対に食べたことがあるだろう。
メルルーサ
さらに、ホキというなじみの少ない魚も存在する。
現在は主にすり身の原料らしいが、今でも白身魚のフライの材料として流通している。
ホキ
まとめ
タラ…たくさんの種類。マダラは高級魚で1メートルくらいになり1匹1万円くらいする。フグ田家のひとり息子。
スケトウダラ…フィレオフィッシュの原料。主に明太子やすり身などの加工用。
メルルーサ…味がタラ、形はスケトウダラに似ている。値段は加工用タラと同じくらい。
ホキ…値段はメルルーサの半値くらい。フライにもなるが、主にすり身の原料。
バサ…ナマズ科の淡水魚。フライの材料として流通。
白身魚のフライこれはなにかな、と思いながら食べてみよう。
弁当屋のパートのおばちゃんに聞いてみよう!
食べてみたくなっただろう。
今すぐ、プロ仕様ハナマサに走れ。
(画像は東京魚市場卸協同組合Webページから引用)

バサ


夕方のお楽しみ時間に、バサ(ミャンマー産)なる魚をなんと2パック100円で売っていた。
デパートの魚売り場なのでそれなりに信用できる。
若い兄ちゃん店員が「フライにしたらいいですよ、味は保証します、冷凍してもいいですよ。」
解凍ものだから、冷凍はしない方がいいと思うけど…。
お弁当などで白身フライとして知らないうちに食べているらしい。
ナマズ目パンガシウス科ギバチパンガシウス属バサ
メコン川、カンボジア・トレンサップ湖などに棲息し、体重250キロにもなる超大型淡水魚であり、カンボジア、タイ、ベトナムでは重要な食用魚。アメリカでは元々ナマズを食べるのでベトナム戦争後にベトナム人が輸出をはじめたらしい。
同様にはチャーいう魚がかなり似ていて、バサはカンボジアなどの名前らしい。
要するに、ナマズらしい。
骨も皮もなく、味はまったく臭みがなくふわっとした食感らしい。
明日フライなどにして食べてみる。
味を保証するで思い出したけど、さっき駅前に軽トラで「メロン2個500円」と書いて売っていた。
中玉2個1500円、小玉2個500円とあった。当然みんな小玉なのだろう。
駅前のインチキ果物といえば、桃とメロンが王道だ。
1個50円以下くらいで仕入れてきているんだろうな。
一切れが小さく切ってある

木枯らし

木枯らしといえば、上州無宿者の紋次郎。
「あっしにはかかわりのないことでござんす。」
うちの団地、いや現代社会のようだ。
さてこの木枯らしとは何だろう。
定義があって、風速8m/s、風力にすると5以上の北から西北西の風を木枯らしという。
この風が10月半ばから11月末日までに、西高東低の冬型気圧配置の上で吹いたものを木枯らし1号という。
期限があるので、木枯らし1号が発生しなかった年もある。
気象庁は紋次郎を捜したり、桜の開花を宣言をしたり忙しいのである。
流氷の接岸予報なども出している。
なお気象庁は国土交通省の外局である。