発売当日限り

今年を一文字の漢字で表すと「偽」だったですが、みなさんはなんだった?
と振っておいてぼくは考えていない。
実は、さっきまでマイミクシィの素敵な人(その人も見てるから、ぷぷ)とぼくの身内で会ってきました。
さくら水産での再会を約束して帰ってきました。
どうでもいいことを書いていますが、それは毎日ブログを更新しよう!と決めたから。
でも、0時過ぎちゃった。シンデレラがカボチャ馬車になっちゃった。
いや、寝てないからまだ今日だ。
JRのE電区間、正確には電車特定区間は終電までがその日なのです。
本当は100キロメートルまでの乗車券は発売当日限りです。
でも、0時を過ぎても走ってる電車がありますよね。
だから、このブログも27日ですがITこじまルールで26日更新ということにします。
一文字って何だろう、一晩考えよう。

「発売当日限り」への2件のフィードバック

  1. 僕はどうせ「偽」になるだろうと思ってたので少々ガッカリでした
    少しひねって「躾(しつけ)」とかにして欲しかった
    (沢尻エリカや亀田親子の件から)
    そもそもなぜ一文字でなければならないのか?
    漢字は組み合わせによって様々な意味に変化するものなので、
    一文字にこだわる偏屈な美学に対して疑問があります
    せめて二文字にしてくれれば、、、
    「炎上」とか 笑

  2. 一文字って伝わらないよね。名前じゃないんだから。
    夢、愛、望、志、春、夏、秋…。
    二文字なら、「帰国」とか「引越」「落選」…。
    ええ、自分のことですとも。
    来年は、最高でも「引越」、最低でも「引越」。

コメントを残す