怒れ消費者!

食品業界は消費者をなめきっていないか。
何者かが中国国内で混入させたとしても、それがそのまま日本の食卓まで来てしまう。
日本では許可されない殺虫剤が中国ではふつうに使われている。
赤福もミートホープも船場吉兆も簡単には許せない。
組織が相手なら消費者は許すのか?
みんな過ちではないじゃないか。
腐ってるわけじゃないんだから、わかりやしない。
そんな根性を許すのか?
農薬はサリンと同じくらい劇薬だ。
場合によっては後遺症だって残る。
テロじゃないか。
今まで以上に中国製の食品は徹底的に口にしないようにする。
それは、怖いからではなくて中国の体制と輸入体制が許せないから。
極論だが、誰も買わなければ輸入だってしない。
偽装なんてどこもやってる、なんて絶対言わせない。
偽装してる業者は全部排除するべきだ。
通報者保護法をもっと強化して、内部告発したら国が報奨金を出したっていい。
消費者も有権者も、国民はなめられている。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. それを輸入して普通に卸したJTフーズと検閲もせず販売したコープも排除ということで。。。

  2. コープ=安心なんて妄想。
    しょせんコープなんてその程度。
    中央区でも、小さい子どもがいるからなんて言ってコープを利用してた。
    食パンに虫ピンを入れたり、インド中トロなんてかわいいもんだ。

  3. んーでも世界経済を考えると無理なことだから
    世界警察ができて、こういうことやコピー品とかの
    撲滅からお願いしたいっすね。
    どこでも言うんですが、中国や北朝鮮は
    昔、日本がやっていたことと似たことをしている
    だけに思うのですよ・・
    実際、こんなもんアメコウが使うんだから
    こんなもんでいいや!みたいな工業品多かったし・・

  4. 安ければ何でもいい、は間違ってることを気がつかない限り何も変わらないでしょう。
    暴論ですが、ばかな主婦が多すぎる。
    いつまでたっても、タラコは発色剤が使われているし。
    色が悪いと売れないんでしょうね。
    でも、タラコ業界も色が悪い方がいいんだと啓蒙活動したらいいのかもしれませんが。

  5. >色のこと
    そういうのって、タブーなんですよw
    私の仕事は某メーカーなんですが、この10年で
    うちだけ変わってきましたが、昔、または今のライバル会社は
    昔の事を否定できないんです。
    なぜならば、それじゃオレたちが消費者を欺いてきたって
    ことじゃないか!いまさら言えるか!って
    おいおい・・・それが詐欺なんだよ。
    うちのライバル会社なんてひどいもんです。
    中国で作っても国産のように売るし、
    カタログに記載するときも、そんなこと書いたら売れないとか。笑
    で、消費者センターやユーザーから突っ込まれての回答は
    「協力工場が勝手にやったことです」だそうですよ。笑
    小さい業界なので、大事になりませんが、
    このメーカーがうちの業界で売り上げNo1なんだから
    本当にイヤになります・・

  6. 着色剤不使用!
    発色剤はいいのかよ、と思っています。
    中国不売運動でも国民をあげてしない限り、中国は改めませんよね。

コメントを残す