ANA・Suica・PASMO

ポイント還元、マイル獲得など最強の方法を常に模索してるITこじま。
3月15日からクレジットカード一体型PASMOの募集が始まった。
あらためて、おトク度を調べてみよう。
カード比較

カード ANA JCB ビックカメラSuica PASMO京急
目的 ANAマイルを貯める。
メインカード。
ビックカメラのポイントを
Suicaに移行できる
鉄道利用ポイントを
京急利用券に変える。
メリット 無料航空券に引き換え。 鉄道チャージができる。 鉄道チャージができる。
デメリット 鉄道チャージが
JR西日本以外できない。
ビックカメラの店頭価格は
ポイント分上乗せしてある。
オートチャージしかできない。
還元率 スターα適用で、
1000円で15マイルくらい。
15000マイル前後で
国内往復航空券。
1000円で7.5円分。
チャージ1000円で15円分。
ビックポイント=Suicaチャージ
チャージ1000円で5円分。
京急グループは1%、
羽田空港ターミナルは2%。
経費 マイル変更手数料
年間2100円。
変更手数料が無料になる、
GOLD会員年会費15750円。
年に1回以上利用で無料。 永年無料。
デポジットも取られない。

結論として、京急PASMOカードの利用はほとんどメリットがなさそう。京急ストアで買い物するときにポイントカードとして利用するくらい。
ANAマイレージは今までVISAカードの方が有利な点があったが、このたびのVISAの改訂でJCBが最強になった。
VISAは今まで1ポイント=10マイルへの変更手数料が2100円から6300円へ大幅値上げ。
そのかわり、1ポイント=5マイルは変更手数料無料になった。
ANAJCBカードでおよそ150万円利用で国内往復航空券が手に入る。
年間50万円以上利用で1.25倍、100万円以上利用で1.5倍のマイルが貯まるから、年間100万円利用すると国内往復航空券は手に入る。
さらに、細かなマイル獲得術を使うともう少しマイルが獲得できる。
最近ANAマイルと、Suicaが相互交換できるようになった。
しかし、10000マイル=Suica10000円。15000マイルで国内往復なのに。
JCBカードでSuicaチャージできるようになる日も近いかも。
次回はANAプレミアムシートパス(300万円)について考察しましょう。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. 2年ほど前、ANAでニュージーランド航空便ダブルマイルキャンペーンの時は
    おいしかったですよ
    HIS格安航空券で成田−オークランド往復を98000円で買うと、
    約5300マイル×2(ダブル分)×2(往復分)=約21200マイル
    ∴香港やグアム相当の特典往復航空券GET
    (゚д゚)ウマー

  2. 98000円でマイルついて、いいですねえ。
    やっぱり海外行かないとだめだな。
    月に3回くらいブラジル往復したら貯まるかな。

  3. ありがたい考察ーー!
    最強はANA-JCB ですね。マイレージを楽天ポイントに交換できるのも
    うれしいです。PASMOはやっぱりいらないと。
    BicカメラSUICAは、実はあまりお得じゃない??ポイント分が
    店頭価格に上乗せとするとがっかりです。

  4. 楽天も、1万マイル=1万円でしょ。
    少しもったいないような。
    ビックカメラポイント→Suicaの一方通行がお得です。

コメントを残す