全席優先席

横浜市営地下鉄は全席優先席である。
先行導入された仙台市営地下鉄はやめたが、横浜市営地下鉄は市民のアンケート調査で反対が過半数であったにも関わらず、一定の賛同が得られたとして導入に踏み切った。
私はこの制度に基本的には反対である。
私がまだ席を譲られる年代ではないということが大きいかもしれないが、乗客は運賃を支払って座席に着席する権利もあると思う。
お年寄り、体の不自由な人、妊娠している人などには席を譲るべきだと思う。
しかし、若い人だってけがをしている、内蔵に障害を持っている、体調が悪いなどどうしても座っていたい人だっている。
外見で席を譲られるべき人はいい。
全席優先席というのもかえって逆効果だと思う。
一般的に優先席に座りたくない。
それはご存じの通り、席を譲るべき人が目の前に立ってしまったときのことを考えているのだと思う。
しかし横浜市営地下鉄は全席優先席なのだ。目の前に譲るべき人々が立ってしまったら席を譲らなければいけないのだ。
しょせん地下鉄だから、乗車時間も短いかもしれない。
でも座れたら降りるまで座っていたい。
私の意見は、編成の半分以上優先席でもいいかもしれない。
でも、どうしても座っていたい人の権利も守るべきだと考える。
全席優先席、皆さんはどう思うだろう。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 先日、搭乗率150%はあろうラッシュ時の東海道線に乗車した時、明らかに
    未就学児童と判る子供3人を連れた主婦が、4人掛け座席を堂々元気いっぱいに
    占拠してひんしゅくを買っていました
    そういうのは人権ごと剥奪でよろしいかとw

  2. そのようなときはすぐに特攻警察に通報してください。
    また、JR東日本は網棚も座席として解放することを強く進言します。

コメントを残す