チリあわび

調査以外の自費ではほとんど居酒屋に行かない、というか外食しない。
なぜなら、外食が嫌いだから。
しかし、さくら水産は実は頻繁に利用している。
そこのメニューで前々から気になっていたものがあった。
その名も「チリあわび」。
チリ産のあわびといえばそうだけど、正体はロコ貝というもの。
どんなものかWebで調べてみるとあまり実体はよくわからない。
ただ、アワビとは違うけど、これはこれで美味しいという評価が多かった。
さくら水産は客層はおっさんばかりだし、従業員は外国人ばかり。
でもこれからも発展してゆくと思う。
社会構造と同じで二極化なんだよ。
美味しいものを食べるためにお金に糸目をつけないか、味はある程度で妥協してコストパフォーマンスが良いか。
さくら水産の魚は下手な居酒屋よりよっぽどおいしい。
少なくとも、スーパーのパックのお刺身よりは上かもしれない。
まださくらデビューしていない方、ご一緒しますよ。
クーポン持参でサワー無料だし。
この安さ、何か異論ありますか。
さくら水産メニュー

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 昨夜はさくら水産日本橋店で2人計5700円という大盤振る舞いをしましたよ、あはは

  2. 昨夜はさくら水産西武新宿駅前店で2人計3034万円遣いました。
    エビマヨチリソース和えは売り切れでした。えへへ

コメントを残す