免許ほしい

ぼくをリアルにご存じの方は、これ以上また役に立たない免許とるのかよ、とお思いでしょう。あはは。
次なるターゲットは、通信販売酒類小売業免許
要するに、インターネット通販でお酒を販売するのです。
ただ、これには限定があっていわゆる地酒や地ビールのような地元密着のものしか販売できません。
一番搾りを売りたいとか、月桂冠を売りたいというのはだめみたい。
輸入ワイン(超未知の世界)は販売できる。
行政書士の報酬が15万くらいなので、そのくらいの煩雑さなのでしょう。
法人登記もそれくらいで自分でできたから、何とかなる。
問題は、わが社が債務超過な会社だということ。
酒類小売業免許の規制緩和になった、と思ったら今まではいろいろ変わったものがあったみたい。
みりん小売業免許
船舶内酒類小売業免許
駅構内等酒類小売業免許
競技場等酒類小売業免許
船用品等酒類小売業免許
観光地等酒類小売業免許
期限付酒類小売業免許
これらが一般酒類小売業免許に一本化されたのです。
昔の薬局のように開業するのに距離制もありました。
もう少し調べて、実現できそうか考えてみます。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. ついにこじまさんもインターネットでみりんの販売を始めますか 笑

  2. みりんブームを作りますよ。
    みりんを飲んで健康!
    競技場等酒類小売業免許取得で、根岸競馬で泡盛を売りますよ。

コメントを残す