のうけんだい

京急乗るたびに見かけるポスター。
能見台の誇り
京急が誇りを持っているのか、住む人が誇りを持つのか。
能見台とは京急が宅地開発した際に谷津坂駅から改名された。
江戸時代の景勝地「能見堂」が由来らしい。
ここはどこかの私鉄のように宅地開発した際急行を停めるようなことはなく、普通車しか停車しない。
ちなみに京急は各駅停車とは言わず、普通、または普通車と言われる。
この能見台は横浜市金沢区に位置し、次の駅は金沢文庫。
金沢文庫とは鎌倉時代に北条氏が廷内に設置した武家の文庫。
その次の金沢八景はこのあたりに8つの景勝地があることから。
金沢八景からは逗子線が分かれ、新逗子に向かう。
新逗子から徒歩10分程度で、ITこじまプライベートビーチである逗子海岸がある。
プライベートを過ごすビーチがプライベートビーチ。あはは。

ディスカッションに参加

3件のコメント

  1. 近代稀に見る上質の問題提起ですなw
    京急が誇りを持っている方に3000ウラガー♪

  2. なんといっても能見台ですから。
    子安台や磯子台も他の追随を許しません。

  3. 「〜<最終期>始まる」がいいですね 笑
    ごもっともでwww

コメントを残す