天然色素

イチゴ牛乳はお好き?
イチゴ牛乳の原材料を見ると、コチニール色素と書いてあるものがある。
以前は天然色素としかなかったが、最近はさらに詳しく記載してある。
コチニール色素とは、サボテンに寄生するカイガラムシの一種をアルコールで抽出したもの。
カイガラムシはカメムシの仲間。ということは、セミにも近い。
主に赤い色素に使われ、食品の他にはマニュキュアに使われたり利用価値は高い。
輸出国では重要な資源になっている。
虫というとイメージが悪いけれどそれは節足動物。エビやカニだって節足動物。
シャコなんてまるで虫みたいだよ。
安全性はかなり高いので、ごく一種のアレルギー以外はまったく心配ない。
アレルギーとはタンパク質の一種に対するアレルギーで、カニやエビアレルギーと似ているかな。
それなら白いイチゴ牛乳の方がいいや、と思わない?

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. ギエ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
    読まなきゃよかった・・・・・^^;
    鯛が赤いのも、たこが赤いのも、海老を食べているからなんですってね!!
    じゃ、人間も海老好きは・・・・赤いのかしらん。。。

  2. エビというか、アミかな。小さなプランクトンみたいなやつ。
    フグの毒はバクテリアのせいなんですよ。
    だから、同じバクテリアを食べているカニの一種にも猛毒があるのです。
    だから、バクテリアがいない環境で養殖したフグは無毒なのです。
    毛ガニを毎日食べていたら毛深くなるかもっ。

  3. だから僕は女性が好きなんだw

コメントを残す