深夜特急

京浜急行の下り最終電車は北総線、都営浅草線からの直通列車の特急金沢文庫行き。
京急の最終列車なのに、都営地下鉄の車両。
赤い電車ではなく、白い電車。
これと同じ車両。
都営5300形(がた)
品川を出発すると、普通電車を追い抜くことも待ち合わせることもない。
上り電車とすれ違うこともない。
だから、孤独の深夜特急と呼ばれる。
この深夜特急、鉄だけが使っているのかと思ったら京急公認らしい。
昨日、京急鶴見から下り普通車の最終神奈川新町行きを待っていたら、駅員が放送していた。
「今度の最終神奈川新町行きは終点で深夜特急に接続しています。」
深夜特急に乗っても何にも乗り換えられないが、普通車最終は深夜特急に接続していた。
最終電車といっても、川崎を過ぎれば普通車はこの程度。
特急は当然座れない。特急停車駅では通過駅に向かうためのタクシーの列。
最終神奈川新町行き800形
京急の最終に乗るなんて、まったく想像できなかったライフスタイル。
For beautiful human life.

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 最後のカネボウのキャッチコピー英文は無茶苦茶な文法だそうです

  2. 三単現のsが動名詞化して、不定詞の形容詞的用法に第一アクセントがありますからね。

コメントを残す