恋ってナンダ

恋を国語辞典で引いてみると、
異性に強く惹(ひ)かれ、会いたい、ひとりじめにしたい、一緒になりたいと思う気持ち。
古くは恋するとは人に対してだけでなく、すべてのものが対象だった。
南野陽子の歌の、初恋は海ですというフレーズを思い出した。
ちょっと無理がある気がするが。
恋は趣味のようなものなのかもしれない。
人それぞれ好みが大きく変わる。
人に自慢できる趣味もあれば、人に言えない趣味もある。
恋は強い薬のようなものかもしれない。
効果も強いけど、副作用も強い。
依存性が強く、切れたときのダメージも大きい。
恋って何だろうからスタートして、セミナー開催まで到達しますよ。
今日のブログには、恋という字には下心があるなんてオチはありませんとも。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. セミナーまでは結構ですので、OJTから参加というコトでお願いします
    ちなみに「恋」の上半分は「乱」という意味だそうです
    乱した心・・・んー、当たってるかも 笑

  2. 高度な専門知識が必要ですから。
    心を上回って、乱れているのでしょう。

コメントを残す