三大鉄

鉄道ファン、鉄道マニアは活動主体で大きく分けて3つに分かれます。
撮り鉄
乗り鉄
模型鉄
写真を撮る、列車に乗る、鉄道模型を主体とするということ。
他にも、分類をするのが好きだったり、鉄道部品やプリペイドカードをコレクションするのが主体だったり。
こじまさんは?ええ、誰も聞いてませんとも。
一応写真は撮ります。コンパクトデジタルカメラで。
カメラを持っていて、はじめて乗る車両は100%撮影します。
でも変なプライドがあるので、さりげなくついでに撮影するのを装います。
青春18きっぷが発売されるたびに(年3回)ほぼ毎回どこかに乗りに行きます。
完全な乗り鉄ではないので専門用語でいうところの「乗りつぶし」はしません。
乗りつぶしとは、全路線に乗るために乗りに行くこと。
東京メトロと都営地下鉄は乗りつぶしています。(全然自慢にならない。)
鉄道模型は祖父に買ってもらったドイツ製のものを持っています。
おとなになっていざ自分で買おうと思うと、ばかばかしい値段で手が届きません。
だって機関車などの動力車はは一両5万円は下らないんですから。
それ以前に、行ったこともないドイツの車両にまったく愛着がわきません。
というわけで、中途半端な鉄道ファンです。
ええなんでも中途半端ですとも。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 僕も10歳の頃、父にメルクリン社のHOゲージを買って貰った事から
    鉄道ヲタの世界に入りました
    が、今になってそのおもちゃの値段を知ってからそのベクトルが
    銀座になってしまいましたwww

  2. ぼくも小学校高学年くらいだったから、同じ頃だ!
    祖父が香港で買ってきたのです。
    今やメルクリンもデジタル化されて、すごいんです。
    当然値段もすごいんです。
    まさにおとなのおもちゃですよ。

コメントを残す