RUN

無線RUNとされているのを見たことがある。
走るのではなくて、Local Area NetworkだからLAN。
最近では、WiFi表示をウイフィットと読んだ人と遭遇。
Wireless Fidelity、Fidelityとは忠実度などという意味。
つまり、忠実な規格にそっているという意味かな。
このマークがついたもの同士なら、通信できる(はず)というもの。
パソコンサポートで、ネットワークは厄介なのだが無線LANはさらに厄介。
チェック一つ、数値一つ違ってもまったく通信できない。
設定は一台一台しないといけないし。
その度に再起動しなければいけないことも多い。
WEPキー、ステルスAP、MACアドレスフィルタリング…
レーダーに映らないというステルス戦闘機というのがある。
ステルスAPというのは、アクセスポイントの存在が見えなくなるもの。
ステルスこじま…時々消息不明。携帯も通じず…。そして見つかったときは記憶喪失。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 先日、大連国際空港の搭乗口付近で日本人老夫婦が
    「JAL SEASONカードの優先搭乗のお知らせ」という看板を見ながら、
    婆:「セゾンカードがあると優先搭乗ができるのよ」
    爺:「ほー、そうかなるほど」
    と真顔で会話してました

  2. ぼくもJALはセゾンカード申し込もうかな。
    黒いのがいいな。

コメントを残す