大分県教員採用試験

大学時代、教員志望の彼女がいた。
大分出身で、大学卒業したら大分の教員採用試験を受けるんだと。
彼女は中学校家庭科教員養成だったのだけれど、大分県の採用試験について聞いたことがあった。
試験は合否ではなく、点数順に一覧表に載るそうだ。
それで、上から採用してゆくと。
大分県の中学校家庭科教員の採用枠は2名。
彼女の同級生に他の大学だが知事の娘がいると嘆いていた。
実質1名ではがんばるだけ無駄だと。
予備校で教えてたときも、東京都立高校の採用試験について聞いたことがある。
都立高校の国語教員の採用枠が、6名。
全都立高校で、しかも国語で6名だ。
そして、採用されてもはじめの数年は伊豆諸島らしい。
そういえば、中学の時の若い担任は美術だったけど、神津島中学から来たと言っていた。
先生をばかにしていたけど、先生も大変だったんだな。
先生ばかにしてごめんなさい。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. それじゃあ明らかに都は伊豆諸島の中学を軽視していることになりますね
    東京都は伊豆諸島に謝って下さい

  2. もっと強気になって、東京諸島にするべきだ!
    と、誰かと同じことを言ってみる。
    どこの県もそうみたい。
    だから田舎の学校は若い先生が多いのだ。

コメントを残す