どっちがいいんだか

この歳になって何を生業(正業かも)にしてゆこうかと模索の日々。
大したことも出来ずに毎日が過ぎてしまう。
例えば、何かを始めようと決めたとする。
顧客を友だちの範囲でビジネスモデルを確立し発展させてゆく。
しかしそれで大きな仕事に発展してゆくのだろうか。
形から入るわけではないが、事務所を準備し広告宣伝費をかける、ひとりでやろうと思わない。
やはりある程度の投資をしなければ、リターンもないのではないか。
小銭でもお金になることを考えるか、はじめは形になるまでお金にしようとなど考えないか。
この二つでもどちらがいいのだろう。
失敗経験では、ある程度お金をかけないと結果的に小さなことで終わってしまう。
今までの人生と同じで、中途半端な努力が一番つまらない結果が残ってしまう。
年内に収入が減ることが確定しているので、本気にならないといけない。
自分自身に問いかけてみました。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 2日前に具体化してきたと書いていた恋愛や結婚のプロデュースをすればいいじゃないですか
    ただ、その分野はある意味成熟産業なので立ち入る余地も踏まえて一朝一夕には
    難しいというのが本音ですが、、、

  2. 差別化が問題。
    目新しいサービスは特に思いつかないし。
    見込みのない人は最初から切り捨ててしまうのも手かなと。
    システム化したり、組織でするとなると結局難しそう。

コメントを残す