横浜中華街グルメレポート

今回は肉まん。
有名なのは、江戸清、公生和、華正楼、同發あたりでしょうか。
江戸清は1個500円。食べたことあるようなないような記憶が定かではないけれど、評判は大したことない。
500円という時点で失格。
公生和は比較的安めで、列ができている。表通りだし。
味は、ふつう。調査員はふつうと書いてはいけないが、至ってふつう。
コンビニエンスストアのプレミアム肉まん(というかどうかは知らない)と同じくらい。
華正楼と同發は蒸したものを売っていない。
評判が高いので、華正楼は食べたことがある。確かにおいしい。
1個400円見当くらいだったと思う。
華正楼とどこかが同じ工場で作っているので全く同じ味なのだが、忘れてしまった。
華正楼と同發などの中華料理店の社長は、ふかした肉まんを売ることは中華街の衰退につながると警告している。
たしかに、肉まん食べてる人のほとんどはお店には入らないでしょ。
だから、両店は店頭でふかしたものを売っていない。
こう言っては失礼だが、甘栗の売り方を見てもはっきりいってえげつない。
ぼくは絶対買わないと見えるのか、試食品をもらったこともない。
全国でも超勝ち組商店街の、中華街。
去年の中国の不祥事で、売り上げを半分近くに落としたところが多い。
一見の観光客だからって、いい加減な商売をしていては中華街全体の信用に関わる。
次回のグルメレポートは「ごまだんご」です。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 聘珍樓本店裏の近代的なお店に美味しい肉まんが売ってますよ
    あ、ファミリーマートだったw

  2. あのレトロな建物の安楽園。
    昭和47年度横浜市衛生優良店舗の看板が外されていました。
    天国に行かれそうな店名です。

コメントを残す