土曜大工

父は母が外出中なのにドアチェーンをかけていた。
それを母が破壊してしい、いっそレバーのようなやつにしようと提案し実現に至った。
母にコーナンで予め購入してもらい、持参したハンドドリルでスコスコと穴を開けた。
開けた、とは簡単にいかずひとつの穴に10分くらいかかる。
やっとあいた3つの穴はネジが大きくて入らないので、大きめのドリルで開けた。
今度はスカスカになり、やり直し。大は小を兼ねると言ったやつ出てこい。
そしてドアにつけるのと、家側につけるのを見事に反対にとりつけやり直し。
都合、7個穴を開け家側の小さなパーツはとりつけた。
今度は、ドア側にレバーのようなものを取り付けるための穴を開ける。
うんざりしてきたので力を入れると、ドリルの刃が折れた。
根性のないやつ。ふん、これも想定内。
数軒となりの大黒屋でドリルの刃セットを購入し、再度挑戦しやっと完成。
技術的には大したことないんだよ。合計5個の穴にねじで留めるだけだから。
敗北原因はハンドドリル。インパクトドライバーもないし。
身も心もぐったりして、横浜に帰ってきた。
「ITこじま工具に苦戦」土曜大工の問題は結局工具ですとも。
ぼくの努力で28年間使っている汚らしいドアに、真新しい部品がついた。
一流ホテルのようだ。部品だけ。
途中、父が「電動ドリルも買ってきたら?」と非現実的な提案をしたのは遠い夢だ。

コメントを残す