恋愛セミナーを開催するにあたって

このセミナーは何が目的なのか。
ずばり、恋人をつくる力を身につけること、そしてその延長線上に結婚すること。
恋愛結婚したいのなら、恋愛しましょうよ。
モテるの定義から再確認。
昔、「こじまさんはモテるでしょ〜」とよく言われる。
そういう人は実は大してぼくに興味がない(実証済み)
「いや、こじまさんはモテませんよ」ぼくと親しい人は声を揃えるでしょう。
モテるとは要するに、こじまさんが好き、という人が複数人いること。
え〜ぼくのこと好きだったの?というような人(男女問わず)が何人もいる状態。
バレンタインで10個以上チョコレートをもらったり、そんな状況は今も昔もない(キッパリ)
つまり、モテない。
モテることと、彼女(彼)がいる、結婚するというのは実は全く違うことなんだ。
モテる必要なんてまったくない。
彼女(彼)が何人もほしいか?(今、ハイと言った人は廊下に立ってなさい)
日本では一人しか結婚できないんだし。
つまり、愛する人はひとりいればいいのだ。
ひとりぐらいどうにでもなる。
意識を変えるだけ。
それを一緒に考えるのが、恋愛セミナー。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 僕とこじまさんは廊下へ直行ということで♪

  2. いえいえ、ぼくはひとりの人を愛し続けます。
    地獄ゆき確定

コメントを残す