モバイル環境見直し

スマートフォンの先駆けW-ZERO3は解約することにした。
W-ZERO3
フルブラウザが搭載されているのでインターネットを見たり、Eメールのやりとりに使っていた。
しかし、回線速度は128Kbps。NTTの負の遺産ISDNと同じ速度。
おまけにWindowsMobileが悪いのか、この端末が悪いのかやたらと固まってしまう。
何度電車内で端末を叩きつけたい衝動に駆られたことか、仏のこじまなのに。
こんなものに1ヶ月3500円強の定額料を支払うのがばかばかしくなってきた。
ご存じの通り(誰も知らないが)ぼくはバッテリーの生きているノートパソコンを持っていない。
つまり、W-ZERO3をパソコンにつないでモデムとして利用することがない。
それなら、今持っているソフトバンク携帯電話のパケット定額制に加入した方がよいのではないか。
定額料は1029円〜4410円。ウイルコムと大差がない。
善は急げ、早速解約の手続きを進めようと思ったら、ふと思い出した。
ウイルコムには、円天より利用価値の低い「コイン」とやらがあった。
調べて見ると、10枚ある(もちろんバーチャル)
機種交換して9枚利用すると、4000円のキャッシュバックが受けられる。
機種変更してから解約して、端末は未使用でオークションに出品。
勝利の方程式が完成した。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. その軍資金を私が利殖いたしましょう
    L&G代表より

  2. 全温度チアーに用はないです。
    ああ、あれはP&Gか。

コメントを残す