ここ数日

旅行業開業で、十枚単位の書類に商号を書いたり自分の名前を書いたり。
そんなことで頭がいっぱいで、ブログも同じことばかり。
いざ開業すれば、額縁に旅行業登録票と標準旅行業約款が提示され、事務机とソファがある9.8平米の小さな事務所。
事務机の上には液晶ディスプレイが置かれて、あとはキャビネット(オークション落札)があるだけ。
旅行業だの、不動産業など登録が必要な業種は目に見えない苦労があるんだ。
起業も開業も紙を行政に提出するだけ。
でもそこには目に見えないたくさんの苦労が詰まってる。
無免許運転で捕まるやつがいる。
自動車の運転なんて小学生でもできる。
運転ができることと免許があることは全く違う。
できること得意なことと、それを仕事にすることも全く違う。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 廃業も紙を行政に提出するだけです
    ええ、目に見える苦労が山ほどありますとも

  2. 今でさえ、結局紙で動いてますよ。
    昨日から何度自分の名前を書いたことか。
    事故対策本部長だって。ぷぷ。

コメントを残す