特急さくら

祖母の家の整理をしていたときに出てきた新聞記事。
祖父
いつの新聞かもよくわからない。
調べてみたら、1951年(昭和26年)の4月頃に、当時のビジネス特急「つばめ」の救済特急として東京〜大阪を結んだ。
機関車は鉄道マニアなら誰でも知ってるEF58の通称青大将で、客車はスハ44系。
知り合いに配ったのか、小さく切ったコピーが5枚出てきた。
写真は勝手に拝借
ホラサ?????????ぁ?uot; /></a></p>
	</div><!-- .entry-content -->

	<footer class= masato-kカテゴリー:コラム

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. ブルートレイン全盛期を知る僕としてはやっぱりEF65ですね
    500番台より1000番台が特に好きかな
    「出雲」の非電化区間(京都〜出雲)といえばDD51を思い出しますね
    あー涙々、、、

  2. 貫通扉のある方ね。
    北斗星もDD51だけどDD51は赤い方がいいな。
    なんで客車をEF66が引っ張るんだよ。
    ああ、人を貨物あつかい。

  3. そりゃ赤の方がいいでしょ
    EF66は高速安定性がいいですからね〜
    非の打ち所の無いイケメンエリートみたいなもんです
    他人事のような気がしないなぁ(プププ

  4. すごいパワーなのに、たかだか寝台車15両じゃもったいないね。
    もったいない、ということでは他人の気がしないなあ。

コメントを残す