稼ぐに追いつく貧乏なし

稼ぐのが追いつくなら貧乏にはならないという皮肉の意味?
つまり、いくら働いても貧乏だ、ということだろうか。
ワーキングプア。
稼いでいれば貧乏は追いついてこない、つまりまじめに働いていれば暮らし向きはよくなるという意味が正しい。
まじめなことは大切だとは思うけれど、まじめだからって必ずしもうまくゆかない。
昔、同僚の予備校講師は「努力は必ず報われる」なんて生徒に力説してた。
正しくは「努力はいつかは報われる」だと思う。
だから受験勉強がその年の受験に必ず役に立つとは限らない。
でもそのとき頭を使って考えたことは絶対に力にはなる。
努力が報われるのは、もしかしたら死んだ後かもしれないが。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 僕の場合、努力をせずにいる時にひらめいた事の方が確実に報われています
    今まで歩んできた人生での経験ですが

  2. ぼくは果たして本業で食べていけるのかどうか。

コメントを残す