旅行業者不要論

インターネットが普及して、ホテルは直接予約を受けるようになったり、宿泊プランなど大幅に値引きをするようになった。
交通機関もインターネットで完結して乗車券や航空券は駅で受け取る、そんなスタイルもできてきた。
JRや航空会社、ホテル業界などはコスト削減で旅行業者に支払う手数料を減らそうと努力している。
JRや航空会社は発券手数料を大幅に下げてきて、旅行業者にとっては単なる手間にしかならない。
では、旅行業者でないとできないことはなんだろう。
二つしか思い当たらない。
自分で買うより安いこと。
自分では申し込めないことのツアーを募集していること。
例えば、ふつうは見せてくれないお寺のどこかを見せてくれるとか、何かの体験をさせてくれるとか。
団体ならやってくれるが、個人にはやってくれないことなど。
結局は企画力の問題。
基本的には、自分がお金を出して参加したいかどうか。
これからますます、旅行業者の置かれる状況は厳しい。
どこもみな同じ。

コメントを残す