ネコとアヒルが力を合わせて…

電車の中の広告にネコとアヒルの遺伝子組み換え生物の広告があった。
「夢と定期券は絶対なくしたらだめだにゃん」
今どき、PASMOやSuica定期は再発行できる。
再発行手数料500円と、次のカードのデポジット500円の合計1000円かかる。
このキャッチをつくったやつは、最近の定期券を持ったことがないのだろう。
地方民鉄などICカード未対応の地域はあるとしても、人口比に直せば日本の8割くらいはICカードに対応しているはず。
要するに、全国で定期を持っている人の大半はICカードの定期に切り換えられるということ。
Suicaなどはご存じのように、一枚あたり500円をデポジットとして取られている。
それはカードを買って、捨ててしまわないように。
でも本当は500円という値段は高すぎるだろ。
それに、現在のSuicaの発行枚数はおよそ3000万枚。
3000万枚×500円=大金
およそ150億円をデポジットという名の下にJRは運用しているのだ。
ヨドバシカメラがポイントと称して運用するのと同じだ。
本来Suicaなど、JRがお金を払って使ってもらうのがスジだろうが。
オレンジカードやイオカードだって、全国でどれくらい眠っているか。
こちらも億単位のお金がカードで死蔵されているのだろう。
それはNTTのテレホンカードも同じだろう。
利用者本位なら、回数券もこれらICカードに内蔵させるべきなのだ。
クレジットカード一体型を除けば、現金でチャージする限りなんの割引もない。
東京メトロや東急電鉄などは金券式の回数券なのだから、回数券の方が絶対にトクなのだ。
近鉄など以外の関東の鉄道はどこもICカードに回数券の機能を持たせない。
そう、利用者に有利なようにはさせないのだ。
ICカードを使えば、今乗った区間がいくらだったのかもよくわからないし。
あの変なロボットと丸顔のペンギンに騙されてはいけない。、

いよいよ年度末

明日はいよいよ年度末ですね。
といっても、わが合資会社アイリットは外資系で(どこだよ)8月決算なので何も関係ありません。
アイリットと磯野家には3月末は単なる月末です。
会社を登記するときに、会社の名前、種類(株式とか合資とか)、年度を決めるのです。
もちろんその他にもたくさん決めることはありますが、決算月はこのとき決めるのです。
3月じゃない方が税務署も空いているだろう、そんな理由で8月にしました。
つまり、9月1日から翌年8月31日がアイリットの1年です。
決算は8月で、申告期限は2ヶ月後の10月31日です。
一日でも遅れると、都税(地方税)は延滞金が付きます。
うちは法人なので、今月の確定申告は社員の給料などで申告します。
確定申告は市民税・県民税の基本になるのでした方がよいです。
確定申告は一社員なので個人ですが、一年の大半は法人税担当に出向きます。
税務署の職員の方は意外に親切です。
嫌な態度を取って来なくなったら、自分たちが出向かないといけなくなりますから。
そんな理由ではないにしても、税務署に行って不快な思いをしたことはないです。
学生の時の一年は、とても大きな一年でした。
一年生と二年生では、会社の係長と課長くらい違う気がします。
大人になって、同じ一年を繰り返していませんか。
今日は昨日と同じではいけないし、明日は今日と同じではいけないのです。
人生は守りに入ったら、そのときはもう若くないです。

ワイド液晶モニター

今までのモニターの画面の縦横比率は4:3。
ワイド液晶は、16:9。
21.5インチのモニターを買ったのだけれど、17インチのCRTモニターと大差がない。
Webや一般的なソフトは4:3で作られてしまっているので、横長になってしまう。
考えてみれば当然なのだが、べつにワイドでなくてもよかった。
最近の主流はワイドになっているから、ワイドでないものとなると選択肢が狭くなる。
うちは高層団地で、携帯電話の電波状況がすこぶる悪い。
原因は、高いところにあるアンテナが下に向けて電波が出るように調節してあるからと何かで読んだ。
ところが、そうではなくたくさんの電波が干渉し合ってしまうからが原因らしい。
アンテナは3本だったり、圏外になったり刻一刻と変化しているおかしな状態。
そのかわり、ワンセグは無敵ですべてのチャンネルはアンテナを立てなくても見ることができる。
auやdocomoは別売りのアンテナがあって、それは指向性があるので対策になるらしい。
要するに、ひとつのアンテナにしぼればいいわけだ。
ソフトバンクはホームアンテナの制度はあっても、手軽なアンテナは売っていない(ごく一部の機種はある)
ホームアンテナは10階以上には他のユーザーに影響があるとかで取り付けてくれない。
何らかの対策がされなければ、このままソフトバンクはつかうことができない状態になってきた。
イーモバイルとウイルコムの2台持ちにするか。

新しいモニターを買った

すべての写真はピンボケになり、全体的に暗くなってしまったCRTモニター。
思い切って液晶モニターを買った。
ワイド画面とやらを買ったけれど、設定がうまくゆかないじゃないか。
連日肩こりがひどいので、また明日にしよう。
明日できることは今日しない。

ハマトラベル一周年記念ツアー

やはり土日がいいのだろうけど、土日は工場見学がほとんどない。
横須賀の沖にある猿島でバーベキューもやりたい。
いつ、どこへ行こうか。
ここ数日首から肩がとても痛い。
少し飲んだだけで夜中目が回って目が覚めたり、単に体調が不良なのかもしれない。
横浜市からは先日の健康診断の結果、関連づけ支援というのが来てしまった。
ようするに、メタボリック予備軍として健康指導を無料でしますよと。
中性脂肪値は300を突破して、総コレステロール値も常時300を超えてしまった。
要するに、血管壁に脂がついて、脂っぽい血液が流れている状態。
脂っぽいので詰まるかもしれない、高血圧が加われば破れるかもしれない。
脳で詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞。
脳で血管が破れれば脳いっ血などなど。
酒量は増える一方、運動はしない一方。
なにかヤバいタイマーが作動した気がする。

見上げれば命がけ

気分がすぐれないときはヨコハマの街を歩いてみよう。
元町商店街から汐汲坂を上って外人墓地へ。
外人墓地の丘から街を見下ろす、青春時代に心踊らせたヨコハマ。
岩崎美術館を通って港の見える丘公園、フランス山から山下公園へ。
この景色こそがぼくのヨコハマ。
見上げればリニューアルして大人っぽくなったマリンタワー。
なにかロープがぶら下がっている…
クリックで拡大
マリンタワー

WEBサイト新設

ハマトラベルのドメインを新しいものにすることにした。
hamatravel.com
これで自分で管理しなければならないサイトが3つになった。
masato-k.com…もともとは選挙のためにつくったもの。個人のサイト。
islet.co.jp…合資会社アイリットのWebサイト。2006年から運用している。
hamatravel.com…新しく作ったハマトラベル専用サイト。
hamatraにしようかと思ったが、ハマトラは違う意味で.comは当然空いていない。
.bizやその他のあまりよろしくないドメインしかなかった。
hamatravel.comには今までのハマトラベルのサイトをコピーする。
これ自体は大した作業ではない。
問題は、母体のアイリットのサイトをどうしよう…
このブログのmasato-k.comは言いたいこと(70%くらい)書いているし…
やっぱり3つ管理していくしかないのかな。
なんたってったって、ITこじまだからな。
ハマトラベル新サイト(中身は同じだけど)開設記念になにかセールをしましょう。
記念日本一周ツアーとか。

道路標識

まえまえからおかしいと思っていることがあります。
よく見る自動改札機。
自動改札
ここで問題になる部分。
車両進入禁止
自動車免許の学科試験のために勉強した方も多いでしょう。
この標識の名称を覚えていますか。
車両進入禁止です。
「この自動改札には車両は進入できません」という意味になります。
車両じゃないのに、いつも思っています。
東横線のドアの上にあるモニターにもドアにこの標識がある絵が表示されていました。
この電車の中には車両はないと思うけど…
ですから、次の標識を使用するべきです。
通行止め
これなら人も自動車も通れません。
ただ、この標識は工事現場や建設途中の道路などにあるもので、向こうから来るのは不自然ではあります。
もうひとつおかしいと思っていた標識。
落石のおそれあり
落石のおそれありの標識。
模擬試験か本試験で、この標識があるところはスピードあげて通過するという問題がありました。
じゃあどうしたらいいんだ!
実はこれ「落ちてくる石に気をつける」ではありませんでした。
「石が落ちているかもしれませんよ」という意味でした。
標識がまさに石が落ちてきている絵なもので。
自動改札
だから車は入らねーって。

今日のJRの対応はいかがなものか

JR埼京線の線路に誰かがパラボラアンテナを投げ込んだ。
おそらく電車を狙って落としたので、電車の全面部も破損した。
その後、4700人が車内に2時間半も閉じ込められた。
湘南新宿ラインはトイレがあるとしても、トイレに行かれるほどすいてはいない。
埼京線はトイレもなく、立っている状態で2時間半の対応はどう考えてもおかしい。
現場の状況を乗務員が輸送指令に無線で報告する。
指令は何をどうするか判断して乗務員に通告を行う。
2時間半も閉じ込めるのはどう考えてもおかしい。
4700人もの乗客を線路におろして誘導するには何人駅員が必要か。
かなり困難だろうが、復旧よりも閉じ込めた乗客を降ろすのが先ではなかったのか。
陸の孤島ではあるまいし、復旧よりも閉じ込められている乗客の救済が先だろうが。
JRの対応は明らかに間違っている。
4700人の閉じ込められた乗客と、数十万の影響を受ける乗客をてんびんにかけてどうする。
目白のあたりのJRが止まったって、帰れない人などまったくいない。
無線を聴いていると、線路に置き石をするやつは毎日いる。
新幹線のように踏切もない、線路にも入れないようにしなければ避けるのは不可能だろう。
支障が架線であるので、復旧は急げないが、閉じ込めだけはなんとかしないといけない。
本当はやってはいけないことだが、ドアコックを操作して線路上に降りたやつが勝ちなのだ。
どうしてもトイレに行きたい人だって何十人もいるはず。
申し出るとその人たちは乗務員室経由で線路に降りられるのだ。
復旧を優先して、閉じ込められた乗客を2時間半も放置するJRは何も文句は言えない。
過去には、京浜東北線で4時間閉じ込めた経緯がある。

好きな食べ物

「好きな食べ物はなんですか」
会話のきっかけなどにもよく登場するフレーズ。
食べられないものはほとんどないが、反対にこれは大好きというものも少ない。
お酒と麻婆豆腐は飲み物なので除外するとなんだろう。
お寿司、カレーライスなど大きなくくりにするか。
それとも鯛のにぎり、チキンカレーなどに細分化するか。
お寿司は回転寿司やお好みで頼まなくても、上一人前のようなもので満足できる。
にぎり寿司ならあまり大差がない。
中華料理でもこれが好き、というのはあまりないし。
もともと食べることにあまり執着がないので(育ちがよいので)おいしければいいという感じ。
レバ刺しとカワハギの肝はこの世でおいしいものの五本指に入ると思ってる。
カルビよりホルモンが好きだし、くさいものはたいてい好きだ。
日本のくさいものはほぼ全部大丈夫だ。
クサヤも鮒寿司も特に好きではないが、おいしいと思う。
くさいものに強いかというと、まったくそうではなく人の口臭などは非常に気になる。
口臭=気遣いのなさだと思っているので、人間的に許せない。
口臭を放って話す人は、想像以上に相手に不快な思いをさせていると思った方がいい。
この世の終わりに何を食べるか。
これもよく言われている質問だ。
今日でこの世が終わりなら、もう別に食べなくてもいい。
「玉子かけご飯」などと言う人とはたぶん価値観が合わない。

黄砂に吹かれて

もう蜃気楼なのかもしれない
片思いかもしれない
懐かしのメロディー。
黄砂も降った強い風の一日。
鉄道のダイヤは乱れに乱れた。
こんな日に母は旅行にでかけて、青春18きっぷで新幹線に振り替え輸送という貴重な体験をした。
途中1時間近く遅れたが、結局予定より早く着く誤算。
明日は仙台から小牛田、陸羽東線と陸羽西線を乗り継いで酒田へ。
「りぞーとみのり」に乗り途中の鳴子温泉駅では25分の停車時間を利用して足湯にも入る。
酒田からは「きらきらうえつ」で新潟へ。
こんな旅を今年70歳の母はしています。
旅行は三度楽しめると言います。
計画を立てて、実際に出かけて、帰ってきてから写真などの思い出を整理して。
母はまた鬼のようにブログに写真を載せるのでしょう。
いつまでも元気でいてほしい。

ルックJTBの決心

京浜東北線に全面広告の車両が来た。
ルックJTBと描いてある。
同業他社じゃないか(向こうはそう思っていないだろうが)
車内の広告はすべてJTB。
テレビ画面も、NEWSとJTBの広告が交互に流れている。
中吊りもテレビも大々的に流れてる「ルックJTBの決心」
往復すべて横並び席
ホテルや航空便は早く決定
お客様を不必要なショッピングにお連れしません
これが旅行業界の現状。
安くしないとお客が来ない、だから業者からお金を取るのだ。
お客さんから取れるお金が10万円、原価が10万円。
あとは業者、航空・ホテルの値引き交渉しかない。
日本の旅行業者のやり方は利用者本位ではない。
旅行は本来十人十色。
行きたいところ、やりたいことが旅行の一番大切なところ。
だから旅行業者は、相談業務を大切にするべきなのだ。
そこで相談料を取ればいいのだけれど、大手旅行業者の現状は大きく異なる。
相談は無料で、あくまでも旅行代理店。
交通機関や宿泊機関の代理業務なのだ。
消費者も大手旅行業者の値段ばかりに目を向けず、本質に目を向けないといけない。
本当に心に残る旅行をしましょうよ。