だれとでも定額キタ━(゚∀゚)━!

以前紹介したウイルコムの定額サービス「だれとでも定額」が12/3より全国展開!
わざわざ地方に契約に行かないでよかった。
ウイルコムはPHSなので、エリア的な問題があるものの、省電力なので小型で電池の持ちがいい。
そして、今回のプラン。
基本使用料1450円、定額料980円の合計2430円支払うと、
1ヶ月500回まで、1回10分の通話ならどこへかけても通話料無料。
ウイルコム同士は24時間無料だが、ウイルコムの利用者は今や激減。
さらに、他社宛添付ファイルつきでも、Eメール送受信無料。
パケット料の上限も2800円。
だれとでも定額
http://www.willcom-inc.com/ja/plan/option/all_call/index.html
業務の電話など、ほとんどが10分以内。
どうせ春までなので、会社の光電話も解約してしまおう。
中区の事務所は固定電話がないという限りなくあやしい会社だ。
自宅に会社用の固定電話があるので、問題ない。
首都圏ではまったく遜色なく使えるウイルコムも、地方に行くと弱いのは否定できない。
auやドコモなどの携帯電話の基本使用料と無料通話を考えてシミュレーションしてみよう。
実はそれほど通話はしないので、無料なら通話するかという問題が。
普段辞書を引かない人は、電子辞書をジャパネットたかたで買っても使用しないという持論と同じかもしれない。
今ならウイルコムはお好きな下4桁が選べるサービスも実施中。
どうせ、0000だの、3333などはないだろうが。
4444はあるかもしれない。