ラッカ星人のヒミツ

2002年12月○×日未明、千葉県八街(やちまた)方面の方からNHK千葉放送局に
「空から不思議なものが落ちてきた!」
との情報提供がありました。
現場で保護されたのは2足歩行するピーナッツ型の物体。
突然しゃべりだし、自らをラッカ星人と名乗りました。

?
なんのために地球に来たのか、落下した時の衝撃で記憶を失い、詳細は不明・・・。
アタマに刺さっているBSアンテナに注目したNHK千葉放送局では、このラッカ星人を
マスコットキャラクターに採用し、
放送やイベントで活躍してもらうことになりました。

こうして千葉県でのラッカ星人の活躍がはじまったのですが、ある日突然、
身体がパカッと割れて衝撃の事実が・・・。

中からピーナッツが出てくるのだ!
こちらから引用(左下)