電車にある不思議な表示

山手線にある不思議な表示。
JR東日本の他の車両にもある。
車両の車端部(両端)の天井近くにあるもの。
(クリックで拡大)

ドアのところに松平健が立ってるのはいいとして、この表示はいつ見てもおかしい。
停電時、車掌がどうアナウンスするのだろうか。
そこにねじがあるのをどう説明するのだろう。
さらにねじを回してふたを開けると何があるのだろう。
停電時でそれが復旧するとは考えにくいので、懐中電灯があるような気もするのだが。
しかし、懐中電灯は別なところにあった気もする。
停電時、どんなアナウンスがあり、乗客の誰が開けて、何が出てくるのだろう。
それを考えると、夜も寝られなくなっちゃう。