JR東日本は発電所を持っている

JR東日本は発電所を持っていて、自社の電車の電力がまかなわれているのに、どうして計画停電の影響で運休するのかと。
以下は引用
JR東日本は新潟県十日町市・小千谷市に水力の信濃川発電所、川崎市川崎区に火力の川崎発電所を保有。信濃川発電所は最大44万9000kW、川崎発電所は同65万5000kWの出力がある。自社の発電電力と東電から供給される電力を合わせて列車を運行させ、なかでも山手線、京浜東北線、中央線、高崎線などは主に自家発電の電力で運転している。
 地震発生後は信濃川発電所で取水量を増やして発電量を増やしているほか、電力需要のピークに合わせて発電できるように放流時機を最適化している。川崎発電所は、燃料供給の範囲内で最大限の発電を行っている。午後6から7時の実績では、地震前の3月10日は自社の供給量56万kWh全量をJRで消費していたが、地震後の3月17日は供給量を62万kWhに増やし、41万kWhをJRで使い、21万kWhは東電に協力している。
 電力使用の削減としては、昼間のコンコースやホームの照明を消したり、照明自体を減らしたほか、一部を除いてエスカレーターの運行を止めている。加えて列車の運転本数を減らし、車内の暖房を停止するか、設定温度を下げる対策を講じている。JR東日本は今後も、これらの取り組みを継続していく。
具体的に言うと、JR東日本全体で60%、首都圏の電車では90%まかなえる発電量。
14日は首都圏JRの大半が運休したのは、混乱しそうだから全部止めちゃえという感じ。
全部運休させるとは乱暴なやり方だった。
今でも相模線の寒川から橋本は1日中ずっと運休している。
八高線や久留里線は電車ではなくディーゼルカーなのに運休している。
信号設備や駅関連の電力が東電からなのだろう。
いま運休が多い路線は発電を自社でまかなっていない路線なのだろうか。
「地震の影響で」という言葉を見ると、疑問がわいてくる。
ちなみに他の会社線(私鉄)で自家発電ができる鉄道会社は存在しない。

コメントを残す