時差の失敗

成田発1935→高雄(カオシュン)2300だから、3時間半か…近いなあ
22時を過ぎてもお菓子を配っているし、2245になっても、なんのアナウンスもない。
…23時は現地の時間だった!台湾との時差が1時間しかないので、かえって間違いやすい。
時計をぐるぐる回して1時間戻したら、あと1時間以上かかることが判明。
 
高雄のホテルには0時前に着いたので、明日は少しでもたくさん寝ようと、携帯電話のアラームを8時にセット。
すごく眠いと思いながら地下のレストランに出かけて、壁の時計を見ると、7時半。
携帯電話の時計は世界時計にしたものの、アラームはホームの時刻で鳴るのだ。
 
三泊目の台中のホテル。
いつもラジオを聞きながら寝るので、ラジオのアラームをセット。
そして台中でも1時間早く起きたとさ。
 
高雄で一泊800NT$(請求は2300円だった)の朝食。
このハムのようなものは、他のホテルでも食べた。
飲み物はなぜかココア。ココアは他のホテルにはなかった。
ココアだけ二人分で、お皿の上は一人前。
おばちゃんにはオムレツのつもり。

コメントを残す