弘前ねぷたまつり

弘前はねた、青森はねたまつりと言われる。
これは昭和55年に国の重要無形民俗文化財に指定されてから。
はげしい農作業からくる睡魔を追い払うのが語源。
眠り流し、眠たしから来ているのが有力説。
厄や災難を村の外に出すことが目的である。
弘前市の人口はおよそ33万に対して、昨年は163万にもの人がまつりに訪れた。
 
青森は人形型のねぶたに対して、弘前は扇形のねぷたが特徴である。

この弘前ねぷたを含む三大ねぶたのツアーを募集中です。
弘前ねぷた、五所川原立佞武多(たちねぷた)、青森昼ねぶた(自由見学)の三大ねぶた。
貸切バスで竜飛岬観光がセットになって、宿泊は駅前、往復新幹線の、ハマトラベルツアーをよろしくお願いいたします。
6月30日まで、14%割引という大幅割引中です。30日までに予約した方が対象です。
http://tour.hamatravel.com/
 
 

コメントを残す