地元の居酒屋

メニューは壁に貼ってあるもののみ。
クリックで拡大

実はここ、養老乃瀧なのだ。
メニューはすべてオリジナル。
トマトスパゲッティ、塩スパなんてある。
なぜか揚げ物のところに、ラビオリ…
 
ここの板前(シェフ)はホテルで修行した人らしい。
トマトサラダ450円はもこんな感じだ。

キウイとフレッシュのパイナップルが入ってる。
ちなみに、ポテトサラダのてっぺんにはイチゴがのっている。
居酒屋なので、やきとりもある。
カシラ1本120円

レバーを塩で頼むと、ゴマ油がかかっている。
もちろんレバーはレアでとろとろの絶品。
そして、朝どれアジ刺身450円。

新鮮そのもので、生臭さなどまったくない。
塩でも食べられそうだ。
 
そして、養老乃瀧なのでお酒が安い。
サッポロ黒生(昔は養老ビールという名だった)大ビンで480円。
ヱビスビール大ビン580円、サワー類は320円から。
なぜか日本酒はビンに入ってる白鶴、熱燗の白鶴二種類しかない。
焼酎も、この店のデフォルトはJINROで、一刻者以上のものはない。
ボトルをキープして、いつも来る感じ。
お酒はもちろんだが、食べることを楽しみにしているのだ。
よく見ても、デザート類は一切ない。
居酒屋でそんなもの食べないでいい。
 
座敷に15人くらい、テーブルはカウンターあわせても20人くらい。
座敷はいつ行っても団体が入っていて、昨日は雨の中開店から10分後に行ってほぼ満席。
誰かが帰れば、誰かが来る感じ。
ここがどうして養老乃瀧なのか、それはお酒が安く仕入れられるからなのだ。
店の看板が養老乃瀧、従業員の胸にYOROのロゴ、あとはグラスくらい。
養老乃瀧は単なるチェーン店、個人経営の大はずれと、個人経営の大当たりがある。
個人経営(家族経営)の店では、ほぼ全部大はずれ。
およそ800ある店舗でも、きっとこの店は10本の指に入る優良店だろう。
 
 

気になる言葉

若い人がおっさんからするとおかしな言葉を遣っているのはまあいい。
ぼくたちも、若い頃おかしな言葉を遣ってきただろうから。
でも、同世代の知り合いがそれらを使ってると、とても気になる。
おまえが遣うなよと。
 
友だちでも遣っている人がいるので、ここには載せられない。
疑問に思うのは、「彼氏」
昔は、彼と彼女だった。
男にだけ敬称がついているのはおかしいと、最近は彼女さん、なんて言う。
自分の恋人を彼氏、違和感を感じる。
「ぼくの奥さんがさあ?」「うちのだんなさんがね」と同じように聞こえる。
 
利発そうな携帯電話売り場の店員が、「彼女さんはこちらへ」などと言っていた。
「お連れ様」だろうが。
昔、バイトしていた電気屋のトイレの壁に貼ってあった。
 
言葉遣いに注意しよう
×ガキ、ジャリ  ○お子様
お客さんの子供を、ガキだのジャリだのとは言わないだろう。
でも、注意してあると言うことは言う人がいるのかも。
そういえば、昔の電気屋の店員ってパンチパーマの店員が結構いた。
歩合制の給料で、比較的誰でもできた時代があったから。
今思うと、電気屋のバイトは楽しかった。
となりの花屋のバイトの女の子に恋をしたのを思い出した。
不仲の彼(氏)がいて、そこそこうまくいったら、よりが戻ってしまったんだった。
つづく

ウイングレット

航空機の主翼の先が曲がってる。
昔からこんなだったかな。
(CIチャイナエアラインB737-800)
CI B777-800
ウイングレットといって、燃費が5%程度節約できるらしい。
後からつけるオプション品のようで、ANAが取り付け作業を公開している。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110203ana/index.html
大きさ3.4メートル、重さ180キロ、とりつけに一ヶ月もかかる。

語学マイブーム

私のチベット仏教の師は台湾に
分院を持っています。
当然、チベット人なので儀式は
チベット語で行われ、講義もチベット語です。
しかし通訳がいて講義は「台湾語」で通訳が行われます。
ですから、台湾語が分からないと
どんな善いお話もチンプンカンプンです。
ネパールには大きくて立派なお寺があるのですが
ネパールに行くには期間として最低1週間は必要になるのです。
就航便の都合上どしても行って帰ってくるのに
1週間かかってしまうのです。
だから、気軽に行けるて、
時差が1時間しかない台湾が大切になってきます。
で、台湾語の登場です。
台湾には台湾語と
台湾で使われている台湾訛りの北京語である台湾華語の2つがあります。
私の知り合いの方の義理の姉妹に台湾人がいるので
その方に台湾語を教えて頂こうと思っています。
もちろん、台湾に行く時は我が小学校の時の同級生
ITこじまのハマトラベル(http://hamatravel.com/)
ここにチケットを頼むつもりです。
身内贔屓になってしまいますが、
小さな会社ではありますが、
その分、大きな旅行代理店では出来ない
配慮の行き届いた、ファーストクラスの対応をしてくれます。
最も希望しているもの
例えば、
「出来るだけ安く」「少々高くても良いから、快適な宿」等々を
ギリギリまで、一所懸命探してくれるのです。
とても安心できる所会社です。
みなさん、ご旅行の時
ITこじまのハマトラベル(http://hamatravel.com/)
ITこじまのハマトラベル(http://hamatravel.com/)
こちらを是非ご検討ください。
と、コマーシャルタイムはここまでにして、
本題に戻ると、
語学の話ですが、
実は以前に会社のお客さんでスペイン語を
話される方がいらっしゃったので、
スペイン語を学ぼうと思って
ほぼ、「一瞬」で挫折したのですが、
これを機に再びスペイン語に挑戦しようと思っています。

弘前ねぷたまつり

弘前はねた、青森はねたまつりと言われる。
これは昭和55年に国の重要無形民俗文化財に指定されてから。
はげしい農作業からくる睡魔を追い払うのが語源。
眠り流し、眠たしから来ているのが有力説。
厄や災難を村の外に出すことが目的である。
弘前市の人口はおよそ33万に対して、昨年は163万にもの人がまつりに訪れた。
 
青森は人形型のねぶたに対して、弘前は扇形のねぷたが特徴である。

この弘前ねぷたを含む三大ねぶたのツアーを募集中です。
弘前ねぷた、五所川原立佞武多(たちねぷた)、青森昼ねぶた(自由見学)の三大ねぶた。
貸切バスで竜飛岬観光がセットになって、宿泊は駅前、往復新幹線の、ハマトラベルツアーをよろしくお願いいたします。
6月30日まで、14%割引という大幅割引中です。30日までに予約した方が対象です。
http://tour.hamatravel.com/
 
 

韓国で思ったこと

思いついたことを列挙。
若者はほぼみんなスマートフォンを所持。
マナーモードにしないのは台湾と同じ。
温水洗浄便座普及率は、台湾はほぼ0%で、韓国が10%未満くらい(感覚的に)
トイレットペーパーを流さず、横のゴミ箱に入れる率も同じくらい。
韓国のトイレの個室には紙がなく、入り口に大きなロールがあり、必要な分持ってゆくところもある。
韓国で床にモップをかけていたおばちゃんは、そのモップでベンチを拭いたのも驚き。
土足でのったのでなければ、拭かない方が清潔だと思った。
 
台湾の鉄道は時間にかなり正確で、日本の鉄道に近い。
韓国は10分以内の遅れなら遅れとみなさない。
車両故障が比較的多く、遅れても接続しないで行ってしまう。
韓国は通勤電車をのぞいて全席指定なので、きっぷを持っているのが前提なので改札口がない。
検札も一度しかなかった。
改札口がないのはきっぷを出す手間がないので、大きな荷物を持っているときなど思った以上に便利。
 
韓国では目上の人に親切にするので、後から乗ってきたおばあさんの荷物を若いねえちゃんがごく当たり前に網棚に載せた。
おばあさんに何か言われ、おばあさんのバックから何か取り出して渡していたのはびっくり。
となりのおばあさんにぼくも同じように網棚に荷物を載せたら、韓国語で話しかけられて困った。
ヨン様のように微笑むしかない。顔はだいぶ違うが。
 
日本語の通じなさは大差がなかったが、日本語ができる人は韓国の方が多い気がした。
英語は台湾の方が通じた。
OLがぴっちぴちのタイトスカートに白いブラウスというなんだか懐かしい格好をしていた。
脚は細くて長く、とてもきれい。
台湾も韓国も、テレビにはとても美しい人が出てくるが、街に出るとそのような人はごくまれ。
日本の方が普通の人がテレビに出ている印象。
 
どちらもビールが薄い味。
台湾はビールと白酒、韓国はビールと甲類焼酎しかほぼ選択肢がない。
列車の中で飲んでいる人はほとんどいない。
飲んでいる人がいたら、日本人かもしれない。
韓国はクレジットカード普及率が高い。
しかし、韓国のATMは国内発行クレジットカード専用が多かった。
エラー表示はハングルで何が何だかさっぱりわからない。
エアコンのリモコンがすべてハングル表示だったのは困った。
タイマーはおろか、温度調節もできない。
ハングルはすぐに読めるようになるが、読めたところで意味はわからないから思ったより役に立たない。
 
アシアナ航空OZ(韓国)とチャイナエアラインCI(台湾)のCAはまったく違う雰囲気。
OZは日本のCAとほぼ同じだが、CIは髪は茶色いし、上に向いたまつげだし。
OZは日本語が通じたが、CIは日本語がわかるCAがちょっといる感じ。
 
今週は土曜日まで毎日飲みに行く約束があるみたい(他人事)

究極の省エネ

誰しもが思っていることだと思うが、究極の省エネをいつも感じることがある。
それは、夏の暑さを冬に、冬の寒さを夏に。
夏になれば冬の寒さは想像できないし、冬になればあの暑さは考えられない。
 
季節のエネルギーを保存することができれば、CO2削減も容易にできる。
エネルギーのことだけを考えるのなら、四季がなくなった方がよいのかもしれない。
日本には四季があり、冬は寒く夏は暑かった。
昔は暑くて死人が出ただろうか。
 
この夏、いろいろなことを徹底的に考えた方がよい気がする。

海外旅行の時のたばこ

成田空港は出国時に免税タバコを買うことができる。
410円のたばこが、250円くらい(10個単位だが)
ここで注意しなければならないのが、渡航先のたばこにかかる税金事情。
 
たとえば、罰金王国シンガポール。
シンガポールは、1本から課税。
要するに、たばこを持ち込むと税金がかかるということ。
最近はどこの国でもたばこに関する税関は特に厳しくなっているらしい。
シンガポールで、たばこ2カートンが空港で見つかり別室へ。
「2カートンだから、罰金4000シンガポールドルです」
 
なんと、28万円相当。
しばらく何か調べて、初犯だから400になったが、それでも28000円は高額。
その他、タイでも見つかるとかなり厳しい罰金が待っている。
近いところでは、香港もこんなお達しがあった。
「タバコ60本」、又は「葉巻15本」、または「その他タバコ製品75グラム」のいずれか一種までが免税
 
正直に申告せずに見つかった場合、罰金2000香港ドル+本来の5倍の追徴課税。
およそ20000円の罰金と、5500円(1カートンあたり)課税されることになる。
日本人男性は喫煙者が多いので、税関検査も厳しくされる傾向らしい。
 
いろんな意味でタバコやめてよかった。
WHOの次のターゲットはお酒なのだが…

いろんな呼び名

中学3年の時に塾で教えていた生徒と会うことになった。
もう決して先生ではないのだけれど、小島先生と言われる。
たしかに先生として知り合ったら、ずっと先生なのかもしれない。
 
ものすごい自覚のない呼ばれ方が、小島社長。
社長だなんてまったくおこがましい。
先生のときもそうだった。
決して自分では先生だなんて思えない。
今の自分が教えられることをきちんと教えることだけ考えた。
小学校の先生などはよく自分のことを先生と言う。
「先生の名前は北野広大…」
 
昔からほとんどあだ名で呼ばれない。
小中学校で「こじ」くらい。
友達では、けんちゃんとか、しんちゃんとか、まきちゃんとか、二文字が呼ばれやすい。
そんな呼ばれ方をしている人が少しうらやましい。
 
ITこじまがちょっぴり浸透し、たまーに「アイティー!」って言われる。
ちょっとうれしい。
 
 

ホワイトビーチ周遊きっぷ

東京、熱海から新島・式根島往復のおとくなチケット。
利用期間
7月18日(月)?8月9日(火)着
8月15日(月)?30日(火)着
【熱海発】
新島・式根島6,200円(通常往復13,060円)
神 津 島 7,100(通常往復15,000円)
【東京午後発】
新島・式根島10,500円(通常往復22,260円)
 
午後出発で午前帰りになってしまいますが、運賃は半額以下です。
もちろん民宿・旅館の手配も承ります。
新島までジェット船で2時間20分で、滑走状態では揺れもなく船酔いの心配もありません。

 
伊豆諸島の海は本当にきれいです。

伊豆諸島は得意な分野ですので、お気軽にお問い合わせください。