おなか痛いのはいつものこと

ここ数日、一日に複数回おなかが痛くなる。
元々ストレスがおなかに来るので珍しくもないのだが、毎日続くとさすがに落ち込んでくる。
生産効率が落ちて、またそれがストレスになる。
まさにデフレスパイラル。
 
腸には思考できるくらいの神経が集まっているらしい。
だから、ストレスなどが強く影響する。
内臓などの器官には、交感神経と副交感神経がつながっていて、それらを自律神経という。
つまり、無意識のうちにこれらの神経が刺激を受けて、または神経から器官に刺激が伝わる。
要するに、おなかが悪くなくても、神経が興奮すればおなかが痛くなる。
 
いろんなことでおなかが痛くなっても、お酒を飲むとたいてい治ってしまう。
やはり、おなかが悪いのではなく、おなかにつながった神経が悪いのだろう。
火災報知器の誤報のようなもの。
 
誤報なら放っておくか。

コメントを残す