中学のときの土曜日

運動嫌いはブラスバンドしかなかったので、なんの部にも入っていなかった。
旧三河台中学校の初代陸上部長はぼくなんだな。
3年のときに陸上部ができて自動的に部長になり、一学期だけ活動した。
 
公立なのに電車通学していたので、土曜日の授業が終わってうちに帰るのが午後1時ギリギリ。
午後1時からは、FM東京コーセー歌謡ベストテン。
FM音源なので、カセットに録音すればレコードを買ったり借りずに済んだ。
FMステーション(そういう雑誌)を買うと、その日流れる曲があらかじめわかっていた。
そのうち、すべて録音してあとでダビングするという高度な技を駆使するようになった。
 
それが終わって午後2時になると、ポップスベストテン。
洋楽にはあまり興味がなかったので、このあたりで眠くなって寝てしまう。
夕方5時頃まで寝てしまって、夕飯になる。
中学3年になると、土曜日も塾(代ゼミとの長いつきあいスタート)になってこんな生活もできなくなってしまった。
 
オトナになってからわかったが、この頃によく寝ていると、背が高くなると聞いたことがある。
電車通学している分、みんなより少し早起きだったかもしれない。
しかし、みんなより遅刻も多かった。
高校まで遅刻ばかりで、親が呼び出されたこともある。
もっと大きなことで親が学校に行ったこともあるんだけどさ。
悪いことではなくて(かといって表彰されたわけでもない)

コメントを残す