資格試験目白押し

この季節、資格試験がたくさん行われている。
大学受験をはじめ、受験勉強は失敗しているが、資格試験についてはいろいろ身についた。
まず、大学受験は究極的な試験で、地道に勉強するしかほぼ方法はない。
ところが、資格試験はそこまで練られていないものが多く、対策次第で勉強量を減らすことができる。
もちろん、弁護士だの会計士だのという難関試験には通用しない。
 
まず、過去問を調べて、配点、分野など詳しく調べる。
合格点が何点か、どの分野が点数が取りやすいか調べる。
自分の得意不得意分野を考えて、目論見を立てる。
あとは、徹底的に過去問分析。
時間を計って答え合わせをして、一喜一憂することなくできなかったところを覚える。
とにかく、早い時期から過去問をやって、問題の傾向を知ることだ。
 
教本のはじめからこつこつやってゆくと、難しいところ、配点の高いところがおろそかになってしまうことがある。
メンタルだけでなく、合格までのシミュレーションを徹底的にするのだ。
ぼく自身は運転免許以外は当分受験する予定はないのだが。

コメントを残す