思い切ったデザイン

JR九州は列車のデザインを水戸岡鋭治氏に依頼している。
これまでも斬新なデザインの車両を世に送ってきた。
JR九州はJR北海道、四国と並んでJR三島(みしまとは読まない)と言われ財政的に厳しい。
そこで、今ある車両を改造して、魅力ある車両を生み出してきた。
普通列車を改造して特急列車も作ってしまうほどすごい。
 
指宿枕崎線(いぶすきまくらざきせん)の初めての定期列車「指宿の玉手箱」
名前もおかしければ、デザインもすごすぎる。

列車は一般的には左右対称で、こんな阿修羅男爵のような発想はしない。
阿修羅男爵とは、マジンガーZ(おつではない)で出てきた顔の半分が男と女のやつ。
列車が停車すると、屋根から蒸気というか霧が発生する。
おもしろいことが詰まった玉手箱、ということなのだろう。
 
JR九州には他にもいろいろな列車があって、目的地だけではなくその列車に乗るための価値も作っている。
首都圏からはどうしても航空機利用になってしまい、旅行代金が上がってしまう。
ハマトラベルでは、魅力あふれるJR九州のさまざまな鉄道に乗りにゆくツアーをどんどん発売予定。
乗りたい列車が必ずある、が目標。
もちろん、根強い人気の北斗星やカシオペアもラインナップ予定。
来年の目標はタモリ倶楽部かな。
 

コメントを残す