5万円と10万円の福袋

5万円福袋

車種 部品名
500系 グリーン車座席 2人掛け
(新幹線) ヘッドレスト(予備) 4個
背面テーブル 2枚
窓カーテン装置 2枚
500系とは、これです。
JR

JR西日本で開発された初めての時速300キロ運転した車両で、JR東海と共通化するために西日本専用になって、さらにこだま専用になってしまった悲しい車両。
この座席は、もともと床に止めるものなのでこのままでは立たないのです。
そして50キロ近いすごい重さ。
このイスに座ってもどこにも行かれないのですから、ぼくにはつまらない。
動かない列車に興味はないです。
さらに10万円はすごい。

車種       部品名
100系P1編成   乗務員室ドア(フレッシュグリーン)
(新幹線)     前頭部
マスコン(カバーなし)
500系     室内案内表示器
100系とは二階建てがあった新幹線。
今度の3月に引退予定。

この先頭部分、さすがの鉄道マニアのぼくでも、買ってどうするんだか。
乗務員室扉もどうするんだか。
一戸建てに住む人が、ドアの一部にするのだろうか。
こう思うのはみんな同じで、販売価格も安い。
京急でも乗務員室扉は売れ残っていた。