中央線のダイヤが乱れやすい訳

中央線のダイヤが乱れることが多い。
人身事故以外の大きな理由は、長距離列車が同じ線路を走っているから。
松本や甲府などからの特急電車などが新宿や東京まで同じ線路を走るからである。
高尾以西は山岳路線になり、天候の左右を受けやすい。
特急列車は優等列車なので、遅れてもどこかで普通電車の待避などが行われる。
そんなわけで、中央線の昔でいうオレンジの電車のダイヤが乱れるのである。
 
同じ状況は、常磐快速線にもあてはまるが、山岳路線ではないのであまりダイヤが乱れない。
ちなみに、中央線と横須賀線は沿線イメージの高い路線である。