国会図書館デビュー

JRだけで行こうと、有楽町から雪道を徒歩で行く。
国会議事堂にはたくさんの観光バスがやってきていた。
○○後援会という栃木ナンバーの観光バスも。
国会に属しており、立法の補佐の役割で設置された唯一の国立図書館。
所蔵数はおよそ2200万点で、日本のすべての出版物が存在する。
国会議員と国会職員以外は貸し出しは受けられない。
CDもかなりの数があるが、複製不可で手にも取ることができない。
 
最近システムが変更されて、入館証がないと入館ができない。
一時入館はできるが、端末による検索や複写サービスが得られない。
開架にあるものはごく一部で、端末で資料の申し込みをして20分後くらいに取りに行くシステム。
コピーするにも端末から申し込みが必要。
入館時にカードを作るのに数分、端末から申し込んで数分以上、いろいろと時間がかかる。
働いている人はなぜかみんな声が小さい。
いわゆる、本を読みに来てる人がいない不思議な図書館。
(利用者IDはあと4桁続く)