車内で知り合ったおじさん

コルカタからデリーへ戻る寝台車の下の段のおじさんが話しかけてきた。
インドの人はみんな英語に堪能だと思ったら、片言の英語。
聞いてみると、バングラディシュの人らしい。
「pen?]
ペンを貸してほしいらしい。
インドの人は百円ライターとボールペンをあげると喜ぶと聞いていたので、日本から持参。
新品と景品でもらったもの。
景品でもらったものをあげて、息子が同乗したのでもう一本あげた。
 
終着駅が近づいて、息子の所に行くからと握手をして去っていった。

胸元を拡大