広島からの引越

大学時代を広島で過ごして、東京に帰ることになった。
それほど生活物資はないにしても、引っ越し代は20万円くらいかかりそう。
さらにワンルーム二軒分(二人)だったので、さらに費用がかさむ。
それなら、トラックを借りて東京を往復しようと、今思うと無茶な発案。
当初の予定では、夕方積み込みが終わり、午前0時頃出発(1日目)、東京には午後3時くらいに到着(2日目)
その日のうちに何とか荷物を下ろして、一泊して朝出発(3日目)、広島に夜(3日目)到着予定。
 
広島で積み終わったのが、ほぼ午前0時。
そのまま休まず出発。眠気と戦いながら、土砂降りで50キロ規制の中20時間近くかかって到着。
疲労と深夜でそのまま一泊(2日目)。
翌日(3日目)、親友が手伝いに来てくれて、夜までにすべて下ろす。
19時頃東京を出発して、快調に走って広島に翌朝10時頃到着(4日目)。
2トンアルミ車で2200キロ走ったのはもう更新できない記録。
なんと言っても一人で運転がきつかった。
知らないからできる何ともすごい経験。
あの経験で、フェリーや高速道路にいるトラック野郎を見る目が変わった。
次はトラックではなく、バスを運転だ。