往復新幹線利用

東北夏まつりの見出しに書いてある言葉。
行程を見ると、
1日目:東京=(新幹線)=盛岡–(バス4時間くらい)–青森
ねぶた見学–(バス)–東北の温泉ホテル(24~25時着)
2日目:温泉ホテル–(バス)–秋田竿燈見学–温泉ホテル(24時~25時着)
3日目:温泉ホテル–(バス4時間くらい)–仙台たなばた見学=(新幹線)=東京
3日で700キロくらいバスに乗っています。
確かに往復新幹線利用です。
往復新幹線利用ではないツアーはさらに、東京=仙台もバスで往復です(片道6時間くらい)
 
ハマトラベル東北夏まつりツアーは、片道新幹線、片道は今や貴重な寝台特急、新幹線、高速バスから選べます。
そして、東京から青森まですべて新幹線利用です。
竜飛岬は鉄道がないので車で移動しますが、その他はすべて鉄道での利用です。
こだわりでもあり、快適さを追求してのことです。
そして、ハマトラでは駅前宿泊ですから、お祭りが終わったら歩いてホテルに帰ります。
そこから3時間もバスに乗ってということはありません。
満席の観光バス、決して快適ではありません。
全席指定席のはやて、はやぶさには立席客がいない落ち着いた雰囲気です(デッキには人がいます)
往復新幹線利用だけではなく、内容をよく比較してみてください。
ハマトラベル東北夏まつりツアーをどうぞご検討くださいますよう、よろしくお願いいたします。