LCCふたたび

関西からの帰りをいろいろ比較してみた。
岡山が高速バスの競争が激しいせいか、安くなる。
京浜吉備ドリーム号が東京・横浜と岡山方面を結んでいる。
二階建てのバスには、スーパーシート、レギュラーシート(3列)、安いシート(4列)があり、価格は11000円くらいから4200円くらいの差と、日にちに2通りの料金がある。
希望の日の予約を調べると、なぜか余裕がある。
予約してみたら、2号車の最前列。
営業所に電話で確かめると、トイレがない車両になる可能性が大。
運用によって変わるが、ないものと思っていただきたいと回答。
岡山からトイレなしバスで帰ってくるのはぼくにとっては苦行。
2時間に一度休憩するので寝ていられない。
関空からのLCCも再燃。
最終便(といっても二便しかないが)3990円は魅力。
ただ、前述のとおり、成田到着が22時。
JRの最終が22:18(空港ダニビル)、京成の最終が22:42。
京成で帰ると、かなりお金がかかる。
そこで、成田空港で始発まで待てないか調べてみたら、曖昧な表記。
航空機の発着可能時間(6時~23時)以外の時間帯に、お客様がターミナル内で宿泊されることは、原則お断りしております。
ただし、到着便の遅延により公共交通機関が終了してしまったなど、止むを得ない場合には、指定の場所でお休みいただくこともあります。
また、早朝の出発便をご利用になる場合は、予め空港周辺の宿泊施設をご利用下さいますようお願いいたします。
羽田空港国際線ターミナルは24時間営業なので、ラウンジに行けばよいが、成田空港のラウンジは20時頃さっさと閉まる。
ここは22:18に乗れるという前提で、レッツチャレンジ。

コメントをどうぞ

Translate »