LCCか高速バスか

神戸三ノ宮から帰ってくると想定してLCCと高速バスを比較してみる。
ジェットスター
関空2040→成田2200
LCCではチェックインの締め切りが45分前、空港には2時間前に来いと言われている。
ということで、
三ノ宮1636→大阪(乗り換え)関西空港1817
成田はJRが2218発だが、高確率で間に合わないので、実際には
空港第二ビルから京成で京成成田。
JR成田まで歩き、千葉まわりでは東京までしか帰れず(正確には蒲田)、なんと成田線の我孫子まわり。
成田2259→我孫子→日暮里(または上野)→新子安には深夜1:03到着。
三ノ宮駅を17時前に出て、深夜1時過ぎ(所要時間およそ9時間)
この日は青春18きっぷでローカル線に乗っていると思うので、JRに関しては運賃がかからない。
航空券と座席指定(前寄り400円)、京成成田までの京成線が加算されてが4640円。
一方高速バスは、JR高速バスの青春エコドリーム号。
三ノ宮バスターミナル2230→東京駅日本橋口747
東京駅からは30分で380円で帰れて合計3830円(所要時間およそ10時間)
さあ帰ろうと行動を起こしてから、家に着くまでの時間があまり変わらない。
せまい座席にずっと座るか、乗り換えながら帰るか…
ますます迷ってしまった。

コメントをどうぞ

Translate »