ドイツでおいしかったもの

ドイツといえば、ソーセージ、じゃがいも、ビールなど。
家族で一致した意見、ドイツでおいしかったもの。
それは、パン。

主に朝食で食べたパンがすごくおいしかった。
ソーセージ(ウインナーではなくハムみたいなやつ)、チーズが豊富な朝食で食べ過ぎるくらい食べた。
酸っぱいような黒っぽいどっしりしたドイツパンではなく、フランスパンのようなライトなやつ。
駅で売っているサンドウィッチもおいしかった。
バターも塗られていないし、パンを切ってソーセージなどを挟んだだけ。
ビールは当然おいしかったし、安かった。
ビールとパンを食べるだけにドイツに行く価値もあるくらい。
韓国に行ったときに、意気揚々パン屋さんでパンを買った(トングで選ぶようなお店)
価格は日本円くらい、ということは少し高め。
それでもあまりおいしくなかった。少なくとも日本のその辺のパン屋さんよりおいしくなかった。
何軒も買ったので、当たり外れではなく、日本人の口に合う合わないではなく絶対的においしくない。
しかし、ドイツ人が日本でパンを買ったら、少なくともスーパーは全滅、さらに街のパン屋もダメだと思う。
ドイツもおいしい小麦が取れるわけではなく苦労している土地らしい。
それでもあれだけおいしいパンができるということは、素材も技術も日本より上ということ。
日本でおいしいパンを食べようと思うと、かなりの贅沢品のお金を出さないと食べられない。
やはり日本の主食はごはん。ごはんを食べていればいいのだろう。
東横インの朝食もほとんどの店舗でおにぎりだけだしな。
需要が証明しているのだから仕方がない。

コメントを残す