まだまだビールは続く

IMGP7896ビールの名前がもはや読めません。
列車で2本、夜に2本という感じで飲み進めています。
日本ではアサヒビールが輸入している、レーベンブロイ。
これも日本では使われないようなデザイン。
LOWENBRAU
ドイツでは大昔、麦とホップと水以外を使ってはいけない、という法律ができて、ドイツのビール技術は発展した。
かたや、日本では税金対策のために発泡酒だの、第三のビールだの、ビールに混ぜものをしていかにビールの味を残すかという涙ぐましい歪んだ努力をさせられている。
日本もそんな税制でなければビールを作る技術は素晴らしいのに。
日本のお酒の発展を阻害しているのは、明らかに税制度であることは間違いない。
 

コメントを残す